スポンサーリンク
文科省「大学院を修了して正規教員に採用されたら奨学金を免除する」 2024年度の採用から適用

深刻化する教員不足の解消に向け、文部科学省は教職大学院を修了した教員を対象に奨学金の返還が免除される方針を示しました。

 文科省は19日の専門家会議で教員の奨学金免除について、教員の養成に特化した教職大学院やその他の大学院で教育実習の修了者などを対象とする方針を示しました。

 大学院で借りた奨学金の返還が免除にされます。

 開始の時期は2024年度の教員採用試験の受験者からで、公立や私立に限らず、教員として正規採用された者に適用するとしています。

 方針については会議で全会一致で了承されました。

 しかし、「大学院修了者だけでなく、大学卒業者も含めて対象とするべき」という意見も挙がるなどしたため、引き続き話し合いが行われるということです。

 教員を巡っては、小中学校をはじめとして担い手が不足するなか、文科省はこの制度で志願者の確保と教員の質の向上を図りたいとしています。

参照URL: https://www.khb-tv.co.jp/news/15203516

------------------------------

返済免除職復活か
あの制度のせいで教員の質が激落したのにw

20年前は小中高全て修士以上にすると文科省は息巻いていたんだぜ…

教員なんてブラック企業みたいなもんだから
金のためにとりあえず教員になってから塾講師などに転職するのもアリかもな

こんな糞みたいな制度やるくらいなら
社会人の中途に給料上乗せした方が100倍マシ

過去の制度だと在籍確認が定期的にあり
教員辞めると免除も亡くなる
特猶って制度
これからの制度はそれ復活させるのか新制度かは知らんけど

素案では15年以上勤務が要件
非正規教員も対象にしておかないと、逃げられるよ

15年も教師やったら社会復帰絶望&奴隷契約

コメントを残す

本当の人生の楽しさを味わってみませんか?

ホーム
子供を学校に行かせる必要なし!!
日本の学校教育の悪い習慣や経験を打破し、
「知らない」から「知る」に変えるカリキュラムです。

①より良い人間関係を引き寄せられる
②自信が持てる
③仕事や勉強などの生産性が上がる
④社会貢献できる、
⑤充実した人生、人生の質が高まる

これらも得られ、
夢の実現を高めます。

購入

出会い

「ナンパ」と言うと
チャラいイメージですが、
「一つの出会い」に変える事ができます。

当カリキュラムは
段階を踏むごとに
複数のタイプの女性と付き合うことができ、
女性にゆとりの持てる人生を歩めます。

購入

おすすめの記事