ロックダンスとは!?

ダンス上達法

ロックダンスは1970年代に誕生したストリートダンスです。

「ロック」と聞くとロックンロールなど、
音楽の「ROCK」を思い浮かべるかたが多いかもしれません。

 
しかしロックダンスのロックは「鍵(Lock)」を意味します。

踊りながら任意のタイミングで、
かっちりと鍵をかけるように、
突然静止しポーズを取る(ロックする)スタイルから由来されています。

このように独特の止まる動作を入れながら、
踊るロックダンスは別の呼び方では、
ロッキング(Locking)、ロッキン(Lockin’)とも言われています。

身体の各部を固定しピタっと止まり、
そして動き出すことで流れを作り、
曲のリズムに合わせて踊り、
身体の各関節や筋肉をコントロールして、
上半身と下半身は別々の動きで踊るのがロックダンスの特徴。

代表的な動きは、手首を使い手を回しながら、
上下に動かす「トゥエル」、指を指す動きである「ポイント」。

 
足を船のオールのように動かす「ウィッチウェイ」、
ロックダンスのロックの由来となった、
動きをピタッととめる「ロック」、
全身を使い、
手足を別々の動きをする別名クロスハンドの
「シャッフル」などがあります。

そして、これら以外にも、
ロックダンスの動きはとてもたくさんあります。

 
使われる曲はその時期のファンクや、
ソウルミュージックで踊られることが多いようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ