【乃木坂46】初回の遠藤さくらのエース化計画が失敗!原因は平手友梨奈!?

顔出しのSR審査最下位の遠藤がセンターは早すぎ。

ちなみに
賀喜9位
筒井11位
田村28位
清宮34位
北川36位
柴田38位
遠藤41位←ここ

まだ白石麻衣がいるうちの乃木坂46では
キャラが弱いことと、
遠藤も普通に可愛いが、
まだ幼さが残ってる。

これがスタイル込みとセンター起用の雰囲気で
ごまかそうとしてる。

大器晩成枠として、
しっかり育ててから
センターにするべきだった。

予定調和で新人センターは当たり前にするもんじゃないし
もう3回目で誰でも予想できて何の驚きもないし完全に白けた。

予定調和の4期生センターなんてもう飽き飽き。

秋元康と今野は
予定調和ばかりで
エンターテイメントとして
つまらない。

2019年は3期を顔にしなきゃいけない時期だった。

それを中途半端にしたまま
4期センターは望まれてないのに成功するわけがない

平手さんが、
欅坂9th「夜明けまで強がらなくてもいい」を拒否したから!?

あれは
平手のこと書いた歌詞疑惑。

そのため、
4期生デビューで意味不明なテーマ。

電通の春先の予定ではシングアウトが
恋チュンなみの国民的ヒットになって
夏になってもまだまだ引っ張れるはずだった。

遠藤さくらちゃんの
実家の蕎麦屋はおいしそうだった。