嵐がブレークしたのはいつぐらい!?分析したらやはりあの時期!

音楽番組はもちろん、ドラマ、バラエティー、報道番組に至るまで幅広い活躍を見せているジャニーズ事務所の人気グループ『嵐』。結成15周年となった昨年には、「第47回 オリコン年間ランキング2014」で、「アーティスト別トータルセールス部門」で138億2000万円のセールスを記録し、昨年に続き2年連続4回目の1位を獲得。さらに、ミュージック映像9部門も完全制覇し、計10部門で1位に輝いた。

華々しい活躍を見せた15周年のメモリアルイヤー
 また、8月には約10年ぶりとなる主演映画「ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY」を上映し、9月にはグループ結成の地である米ハワイで特別公演を行い、2日間で計3万人を動員。10月にアルバム「THE DIGITALIAN」をリリース後、11~12月にかけて5大ドームツアー「ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN」を開催し、大みそかにはアナウンサー以外では史上初となる5年連続での「NHK紅白歌合戦」の司会を務めた。

 各メンバーのソロ活動を見ても、松本潤が「失恋ショコラティエ」(フジテレビ系)、二宮和也が「弱くても勝てます」(日本テレビ系)、大野智が「死神くん」(テレビ朝日系)とそれぞれドラマの主演を担当。櫻井翔は「NEWS ZERO」(日本テレビ系)ではキャスター、「櫻井有吉アブナイ夜会」では司会を担当し、相葉雅紀は11月公開の映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」で映画単独初主演を務めるなど活躍が目立った。

 15周年のメモリアルイヤーを華々しく飾った『嵐』だが、最近ファンの間で何かと話題になっているのが、「『嵐』はいつブレークしたのか?」というテーマだ。インターネット上ではファンによる『嵐』のブレーク時期を検証するサイトやブログなどが数多く乱立し、盛り上がりを見せている。

ファンの間で盛り上がる『嵐』のブレーク時期の検証
 1999年11月に1stシングル「A・RA・SHI」でデビューし、いきなりオリコンシングルランキングで1位を獲得した『嵐』だが、15年間の歩みは決して順風満帆だったわけでない。

 その後は所属レコード会社を移籍したり、司会を務めたフジテレビ系「なまあらし LIVESTORM」が平均視聴率1%台を記録したりと低迷した時期もあった。

 そうした不遇の時を経て現在の人気があるわけだが、そのブレーク時期についてファンの間では2002~2008年という意見が多いようだ。理由として挙げられている主な出来事をまとめると、以下のとおりとなる。

2002年
・冠番組「Cの嵐!」が7月から日本テレビ系でスタート。
・初主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」が10月に公開。
・日本テレビ系ドラマ「ごくせん」に松本潤が出演。

2003年
・TBS系ドラマ「きみはペット」に松本潤が出演。

2004年
・日本テレビ系「24時間テレビ『愛は地球を救う』」でメインパーソナリティーを務める。

2005年
・TBS系ドラマ「花より男子」に松本潤が出演。同ドラマのオープニング曲「WISH」を『嵐』が担当。

2006年
・グループ初のアジアツアーを開催。
・二宮和也が米ハリウッド映画「硫黄島からの手紙」に出演。
・櫻井翔が日本テレビ系「NEWS ZERO」でキャスターデビュー。
・グループ初のアジアツアーを開催。

2007年
・グループ初のドーム公演と東京ドーム初単独公演を開催。
・松本潤がTBS系ドラマ「花より男子2(リターンズ)」に出演。同ドラマのオープニング曲「Love so sweet」がオリコン年間シングルランキングで4位にランクインし、グループ初の年間トップ10入りを果たす。

2008年
・グループ初の5大ドームツアー、2度目となるアジアツアーを開催。東京公演は国立競技場で行う。
・日本テレビ系「24時間テレビ『愛は地球を救う』」で2度目のメインパーソナリティーを務める。
・プライムタイムでの初の冠番組「ひみつの嵐ちゃん!」がTBS系でスタート。
・メンバー出演のauのCMが放送をスタートして話題に。
・大野智がTBS系「金曜ドラマ・魔王」で生田斗真とともにW主演。同ドラマの主題歌「truth」が収録されている23thシングル「truth/ 風の向こうへ」がオリコン年間シングルランキングでグループ初の年間1位を獲得。2位にも前作「One Love」が入り、同ランキングの1~2位を独占。

松本がTV番組で「タイミング的には2006年」
 こうして見てみると、とくに06年から08年にかけての活躍が目立つが、その一方で「すでに05年までにブレークしていたからこそ06年以降の活躍がある」といった意見も。

 そんな中、今年1月10日放送の日本テレビ系「嵐にしやがれ」では、ゲスト出演した所属事務所の先輩の『少年隊』の東山紀之からの「自分たちが盛り上がってきたなって瞬間があるじゃん、それは何かあったの。国立(競技場でのコンサート)なんてまさにそうなんだろうけど?」との問い掛けに対し、メンバーの松本はこう答えている。

 「すごいマジメな話、もっと前なんですよね、自分たちが感じたのって。タイミング的には2006年なんですけど、アリーナツアーをやっている時、いつもと同じ公演数をやろうとしたら『チケットを取れない人がいます』みたいな話になって。『でも、コンサートの日数を増やすスケジュールはありません。どうしますか?』って言われた時に、『それだったら1日に2回やっているのを3回にするってことはできるんですか?』って話をして、できるとなって。その日本のツアーを回った後に、アジアに初めて行ったんですよ。そのへんから、色んなことがちょっとずつ次に繋がっていくみたいなことがあって。日本に帰って来て、『アジアでやったのが好評だったから、日本にそれを持って帰って来てやりましょう』ってやったら、そこでもお客さんが入り切らず、『それだったらドームでやろう』って。それで次の年に気がついたら5大ドームをやらせてもらって、国立をやって、次に全部が繋がっていって…。なんか不思議でしたね。今なお不思議です」

 松本は、自分たち『嵐』のブレークのタイミングを2006年と位置づけていることを告白し、注目を集めた。当事者である松本のこの発言で一応の決着をみた(?)「『嵐』はいつブレークしたのか?」だが、他のメンバーの見解なども含めて今後も話題を集めそうだ。

提供元:ヤフーニュース

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000006-wordleaf-ent&p=2



名無しさん
2015/2/23(月)16:29
2002年からブレークなんて言ってる人が本当に居るなら、Wikipediaかなんかで後から年表見て想像してるだけだろうね。
2002年とか、一定の人気があったUSOが下火になり、嵐が毎週クレーマーに怒鳴られるだけの番組が始まり、CDは自己ワースト更新でまさにドン底だったよ。
2004年にオリンピックテーマ曲と24時間TVで「あれ?来た?」と思ったのも束の間、KAT-TUN大ブレークで再びどん底で、他のファンからは「ゴミ」とすら言われた。
ブレークはやっぱり、花男1で脚光を浴び始めてからの花男2でダメ押しって感じでしょう。
でも一つ言えるのは、そのどん底時代のほうが番組も面白かったし、楽曲も良かった。

名無しさん
2015/2/24(火)15:22
デビュー時からの古参ファンです。「嵐のファンだ」と周りに言った時の周りの反応が変わってきたのは2007年Lovesosweetからだと思います。この曲がヒットして嵐の曲はいいね!という反応。ここからゆっくり2009年の10周年で登りつめた感じがします
。10周年前まではコンサートのチケット取りもそこまで苦戦した思い出がないので…。急に爆発したというよりじわじわ認知されて興味を持ってもらって気づいてたらこうなっていたというか。明確なブレイク時期はないのではというのもわかる気がします。ファンとしてはLoveso〜の次の曲がそこまで爆発しなくて「まだブレイクできないのか!!ヒットの次が大事なのに!!」と唸っていました笑嵐自身が本当に吹っ切れたのかなと思ったのはARASHICのライブですかね。あのライブは気迫を感じました。

名無しさん
2015/2/23(月)16:46
船シリーズ復活してくれ

名無しさん
2015/2/24(火)7:46
馬鹿馬鹿しい。
ブレイク時期についての論争はファンの間で数年前からずっと行われてきたことで、今回番組でメンバーが一つの見解を示したことで明るみに出ただけ。
この論争の目的は、「嵐人気の立役者」が誰なのかを決めたいだけ。
つまりファンが「○○君のおかげで嵐はブレイクして今こんなに人気になったの。だから○○君は偉いしもっと評価されるべき人なの。ファンはもっとそれを理解すべき」って言いたいためだけの論争です。
昨年のNHKでの嵐のハワイコンサートに密着したドキュメント番組においては、「LovesoSweetが“嵐ブレイクのきっかけとなった曲”&と紹介がされていたのに、同番組の再放送時にはその曲の紹介が“嵐の代表曲の1つ”という内容に変えられていた」という出来事がありました。視聴者からの苦情があったから変えられた、とか。
醜く、そして愚かな論争ですわ。

名無しさん
2015/2/23(月)16:29
一番、始めに聴いた曲は「花男」のエンディング曲(WISH)でした。僕はそのとき「青春アミーゴ」の方にはまってましたが、嵐の曲の方があらゆる場所で流れてた記憶があります。ちょうどクリスマスの時期だったからでしょうね。
『ベスト盤』はレンタルで借りました。そのころからだと思います。

名無しさん
2015/2/23(月)21:00
私は花男落ちです。
花より男子の漫画が好きでドラマみだしてそれから嵐ってグループを知りました。
前に櫻井君がNHKで鶴瓶さんの番組で「花より男子がきっかけ」とはっきり言ってたくらいなのでメンバー自身もそう意識してるんじゃないでしょうか

名無しさん
2015/2/24(火)2:45
花男くらいじゃない?
Cの嵐なんてひたすら怒られ、Gは深夜のローカル色バリバリだった。
謎のバス停名募集とか、ジャニーズとは思えない企画やってたし。でもそれも面白かったけど。
花男も前に企画されてたのがダメになって急遽引っ張り出してきたそうで、初め全然期待されてなかったんだよね。
速攻嵐を切ったポニーキャニオンやマックはざまあだよねw

名無しさん
2015/2/23(月)17:01
2008年頃からかな。
最初はドラマの「魔王」だった。
でも当時バラエティを全く見なかったので、
俳優に対して役のイメージしかなかった。
だから、大野智のことを
『若いのに知的で温和な人格者』
だと思っていたというwww
「お、嵐だ。ちょっと見てみるか」
とつけたクイズ番組で、
「ミニスカは何の略?」
という問題に、大野が全力で、
「ミニスカポリス!」
と答えているのを見てずっこけた(笑)
今は嵐みんな好きだけどね。

名無しさん
2015/2/23(月)19:57
嵐のブレーク時期は、やはり高気圧に変化したときでしょ。

名無しさん
2015/2/23(月)20:32
よく嵐ファンが面倒くさいと言われますが面倒くさいのは大野ファンです。

名無しさん
2015/2/23(月)16:14
当初は松本だけしか知らなかったわ。

名無しさん
2015/2/23(月)16:20
テレビで勝手に押していただけのような。
一時期あった韓流押しとやっていることは変わらないと思う。
それでも人気になるのだからすごいですが。

名無しさん
2015/2/23(月)16:03
>『嵐』ブレーク時期は?
やっぱ『花男』だと思います。

名無しさん
2015/2/23(月)16:03
桜井君の大学卒業後

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ