付き合っても男性は結婚を望んでいない!?

恋愛の悩み相談によくあるのは、
「彼氏が結婚を決意してくれない」
「結婚話をすると不機嫌になって怒る」 という内容です。

逆に「彼女が求婚やプロポーズに応じてくれない」
という話はあまり耳にしない。

 

この事実が表しているのは、男性は結婚に及び腰であり、
なかなか特定の彼女と一生一緒に暮らそうとは宣言しない、
結婚したがらないということです。

 

男性は一度結婚すると、
独身時代のように自分の自由な時間やお金が無くなり、
さらには複数の恋人と付き合うことも日本では法律違反となってしまう。

一家の大黒柱として家族、
妻や子供を食べさせるために毎日朝から晩まで汗水流して働いて、
お金を稼がなければいけない。

 

このような将来に対する

不安や責任感は心理的なプレッシャーは大きなストレスであり、
乗り越えるのは非常に難しい。

 

だから、「結婚と恋愛は別」と堂々と言ってのけたりする。

極端に言ってしまえば男にとって結婚とは、
一生企業戦士として働く契約に等しいのです。

自分の夢を追いかけたいだとか、
バイトやフリーターで気ままに暮らしたいとうい 刹那的な生き方はできなくなる。

 

若い頃は派手で刺激的、
わがままな女性でも付き合っていたけれど、
結婚を考えると質素倹約で素朴な女性を選びたがるパターンは多い。

 

同棲していた彼女と別れた途端に違う彼女と結婚する人も数多くいます。

今真面目にお父さんをしている人の大半は、
毎日働きアリとして会社に通勤し続けて、
子供や奥さんのために上司や客先でペコペコしながらあくせく働いている。

 

食費や生活費を稼ぐためには当たり前のことですが、
独身で自由を謳歌したい人にとっては大変な重労働です。

不況の煽り、
経済格差の広がりで、
年収が手取り300万円以下が平均のラインとなりつつあります。

 

もし結婚をして子供を作るとなったら、
貯金もままならず 毎日その日暮らしで、
日銭を稼ぐような状況にもなりかねない。

実際年収が高水準の男性は、
婚約率も高いという調査データがあります。

しかし、それは極一部の人の話。

 

多くの男女は節約や家計のやりくりで頑張っている。

このような結婚に乗り気でない男性を応援したり、
サポートするのは女性の役目です。

 

逆に男性は本気で手放したくないと思えるような女性と出会うと、
結婚したいと望み、
一生懸命全身全霊で尽くして援助してくれるようになります。

 

女性は男性に大切にされ、
魅了されるような魅力を持たなければいけません。

 

癒し系、天然系女子がモテると言われるのは、
一緒にいてリラックスできるし、
尚且つ「守ってあげたい」
「この人のためなら全財産を捧げても後悔はない」 と思わせるからです。

 

男性には、
「保護欲求」
「支配欲求」 があるため、
扱いやすくて後を付いてきてくれる天然系の女性が大好きです。

 

ポジティブな楽観的思考で無欲な女性は、
男性から見れば理想的な条件を持つパートナーです。

 

「お金が欲しい」と望まずに、ただ傍に居てくれると、
「自分を許容してくれている」 という安心感や信頼感、
優しさや包容力を感じさせます。

 

これは恋愛心理学的には「承認欲求」に当たるもので、
人から認められたいという高次元の願望を満たしている状態と言えます。

常に社会から「役立たず、もっと真面目にやれ、使えない奴だ」
なんて叱咤激励を受けているのが男性です。

しかし、プライドが高いので、
本来はもっと周囲から認められたいと無意識に望んでいます。

 

そのような罵詈雑言の中、自分の全てを受け入れて認めてくれる女性がいたら、
男性としてはこれ以上ない喜びであり、それだけで生きる気力、
仕事を続けるモチベーションになります。 無条件で自分を信頼してくれる彼女がいたら、
その情熱のお返しとして、一生守ると誓ってくれるかもしれません。

 

基本的には結婚したくないと考えてる男性や彼氏をその気にさせるためには、
女性が外見や内面を改善、女磨きをし、
男性にとって必要だと思わせる努力が欠かせないのです。