秋元真夏が守りたいもの!?秋元が思う「有能な人材」とは!?

今夏でグループ結成9年目に突入した乃木坂46に変化の時が訪れている。2018年末に西野七瀬が卒業し、2019年に入ってからは衛藤美彩、伊藤かりん、斉藤優里がそれに続いた。9月1日には初代キャプテンの桜井玲香もグループを離れ、翌9月2日に秋元真夏が新キャプテンに就任するという大きなできごともあった。そんな中、秋元はレギュラーでMCを務めるバラエティ番組(「自慢したい人がいます~拝啓 ひねくれ3様~」毎週土曜夜10:30放送、テレビ東京系)を持つほか、今夏は舞台「サザエさん」で演技にも挑戦。さらに11月16日(土)からWOWOWプライムで放送されるドラマ「連続ドラマW 引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~」(毎週土曜夜10:00放送)では、単独でドラマレギュラー初出演を果たしている。自身の活動の幅を広げながら、大きな転換期を迎えた乃木坂46の新キャプテンとして今何を思うのか。多忙を極める彼女に女優としての活動や、キャプテン就任後の自身の変化、グループのこれからについて聞いた。

【写真を見る】メガネ姿が可愛い!新ドラマで秘書を演じる秋元真夏(ほか撮り下ろし写真20枚)

今回、秋元が出演するドラマ「引き抜き屋―」は雫井脩介の小説が原作。実父が経営する会社をクビになり、ヘッドハンターへと転身した鹿子小穂(かのこ・さほ)(松下奈緒)が、熾烈なビジネスの世界で“仕事とは何か”を見つめ直していく物語。秋元は小穂が所属するヘッドハンティング会社「フォルテフロース」の秘書・所美南(ところ・みなみ)を演じており、シリアスな場面が多い同社内でムードメーカー的な存在だ。

■ 「私でいいのかな?」っていう感覚はずっとありました

――今作はヘッドハンターという特殊な職業が題材になっていますが、作品に参加した率直な感想を教えてください。

フォルテフロースの敏腕ヘッドハンター・渡会花緒里(わたらい・かおり)(内田有紀)さんが、交渉を進めるための人脈作りとしてクラブで働いたりするんですよ。目的を果たすべく自分のテリトリーじゃないところに進んでいく姿は「仕事のために生きる人」っていう感じでカッコいいなと思いました。もしも私がヘッドハンターだったら、相手先とのせめぎあいの中でハラハラしちゃって先に進めないんじゃないかなって思うんです。

――今回はヘッドハンターではなく秘書役ですが、憧れていたんだとか?

そうなんですよ! 保健室の先生と秘書に憧れを抱いていまして(笑)。今回のお話をいただいたときに、秘書だからスーツを着た真面目な感じで、細かい作業や地味な作業をするのかなと思っていたんです。でも、服装は自由でミニスカートですし、自分のデスク周りに好きなものを置いていたりと「仕事さえできればあとは自由でいいでしょ」っていう性格の役だったので演じていて楽しかったです。美南は服をめちゃめちゃ持っているんですよ。時計もピアスも全部日ごとに替わります。メガネはデスクに何個か入っているんですけど、別に視力は悪くないんです。“仕事モード”になったら装着したりする感じなんです。

――秋元さんご自身は仕事によってスイッチを入れ替えたりしますか?

はい。ライブのリハーサルをするときは、見た目から入ろう!とか。実際はダンスが苦手なのに、ダンサーさんみたいなカッコいい服装を準備してからリハーサルに入ったりしています(笑)。

――ライブなどのアイドル活動と演技の仕事の間でもスイッチの入れ替えは必要になりそうですね。2019年は1月クールにドラマ「ザンビ」に出演し、夏に出演した舞台に続いて今作と演技の仕事が連続していますが“女優・秋元真夏”としての目覚めはありましたか?

今年に入って突然どうしちゃったんでしょうね(笑)。舞台期間やドラマの撮影が終わった今でも「本当に私で大丈夫ですか?」という気持ちです。2019年は演技以外で初めてのお仕事をいただく機会もありましたし、それこそ乃木坂のキャプテンに就任したりと色々ある中で「私でいいのかな?」っていう感覚はずっと心のどこかにありました。まだしっくりこないといいますか。

――女優業しかり、新キャプテンとしての注目度も高まっていますね。今作のサブタイトル「ヘッドハンターの流儀」にかけて、秋元真夏的“キャプテンの流儀”を教えてください。

乃木坂には、8年間グループを引っ張ってくれた桜井玲香が築いたキャプテン像があって、メンバーはそれにすごく馴染んでいます。玲香はしっかりしているんですけど、基本的にはポンコツだったので、みんなで支えてあげたくなるような“愛されキャプテン”でした。その空気感がメンバーにとって居心地良いものだったと思うんです。ですからそこは変えずに…というか、玲香から「真夏もなかなかのポンコツキャプテンになると思う」って言われました(笑)。なので、頑張らなくてもそうなっちゃうんだろうなという気はしているんですけどね。その空気感を保ちつつ、後輩たちがのびのびできて「自分たちが乃木坂を引っ張っていくぞ!」と思ってもらえるような、活動しやすい環境を作っていきたいですね。

――先ほど今作に登場する花緒里が「仕事のために自分のテリトリー以外のところにも人脈を広げていてカッコいい」ということでしたが、キャプテンという立ち位置も含め、秋元さんもいろんな分野に挑戦している印象があります。新たな領域に挑む際に心がけていることはありますか?

わたしの中で芸能界に入ってからずっと心の中にあるのは「郷に入れば郷に従え」という言葉です。アイドルの世界も最初はどんな場所なのか分からなかったけど、その世界のルールの中で、自分が思い描いていたアイドル像に近づけるように活動してみようって。舞台の現場だったら、マネージャーさんがいつもそばにいてくれるわけではないので、身の回りのことを全部自分でやらなきゃいけないんです。ですから、周りの人たちを見て「これはこうするんだ」っていうのをひとつずつ学んだりしています。

■ みんなが前に出られる状況を作りたい

――なるほど。そうやって成長している部分もある一方で、「ここは変わってない!」という要素もありますか?

出たがりなところ、隙があればふざけたいという精神です(笑)。ファンの方から「キャプテンになったからって、しっかりしすぎないでね」という声もいただいています。ただ、キャプテンになってから、はっきり変わったと認識できる部分もあるんですよ。インタビューなどでグループについて聞かれたときに、以前はグループ全体のことを考えながらもやっぱり個人的な見解として話していました。でも今は「キャプテンがこう発言した」という風に受け取られるという重み、責任を持たなければいけないなって、より客観的な視点から発言しているつもりです。ひとつの発言で多くの人が左右されることもあるでしょうし、乃木坂の名前が知られれば知られるほど発言の影響力は大きくなりますから。ただ、責任という名のプレッシャーはありますけど、逆に影響力があるという事実をプラスにとらえて、発信したいことを発信していくべきだとも思っています。

――大きなチャンスでもあるわけですね。一方で、メンバーの井上小百合さんが来春卒業することを発表しましたが、結成時に36人いた1期生は10人になってしまいます。今回のドラマでは有能な人材を失う企業側の現実も描かれていますが、キャプテンとして今、どんなことを考えていますか?

抜けたら困る人材はすでに、本当に本当にたくさん卒業しちゃっているので(笑)…正直、焦りはめちゃめちゃあります。キャプテンともなるとグループから大切な人材が抜けたとしても、今後のグループを守り抜かなきゃいけないですし。ただ、卒業してしまったメンバーがいる一方で、たくさんの後輩が乃木坂に入ってくれています。彼女たちがみんなちゃんと育っているのがうれしいんですよ。先輩たちに遠慮して、あまり羽を伸ばせていないんだろうなっていう時期はあったんですけど、最近はもう…分かりやすいのは3期生の山下美月ですかね。だいぶ後輩なのに友達みたいに話しかけてくれますから(笑)。そうやって壁がなくなっていくのはいいことだと思います。次は4期生との間の壁を取り払って、みんなが前に出られる状況を作りたいです。

■ 「4期生とはさらに早く馴染めている」

――そういう意味では先日放送された「乃木坂工事中」(毎週日曜深夜0:00放送、テレビ東京系)のシングルヒット祈願で、4期生と一緒に富士登山をしたことはいいきっかけになったのでは?

そうなんです! 4期生の11人が5人、6人と2チームに分かれて別々のルートから登山したんですけど、わたしが同行した5人のメンバーとはめちゃめちゃ仲良くなって絆が深まりました。だから、マネージャーさんに言ったんです。「もう1回、今度は別のチームの子たちと一緒に登りたいです」って。

――あんなにハードな登山を連続してでも4期生と近づきたいという思いはすごいですね。秋元さん以外のメンバーも3期生や4期生と距離が縮まっている印象ですか?

もちろんです。3期生とはもうすっかり打ち解けていますし、“後輩ができる”という状況になれてきたおかげで、4期生とはさらに早く馴染めている感じがします。最近、とてもうれしいことに3期生が4期生に積極的に話しかけたり一緒に写真を撮ったりしているんですよ。3期生はついこないだまで一番後輩だったから、4期生が入ってきたらどうなるのかな?という不安もあったんですけど、そんな心配は無用だったみたいです。親が子供を見るような感覚で3期生のことを見守っていますが、とても頼もしくも思っています。

――それでは最後に、キャプテン秋元ではなく“ヘッドハンター秋元”が思う「有能な人材」とは?

誰にでも自信を持って紹介できるのはメンバーの高山一実です。こんなに長く一緒にいるのに、マイナスな部分がまったく見えません。これってすごいですよね。誰に対しても優しいし、落ち込んでいるメンバーがいたら助けてあげます。自分から笑われ役を買って盛り上げてくれたり、自分の身に起きたちょっと恥ずかしいようなできごとでも、躊躇せずにみんなに話してくれるんですよ。ヘッドハンターとして引き抜きたい!というよりは、ああいう人になりたい!って思います。(ザテレビジョン・取材・文=大小田真)

提供元:ヤフーニュース

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191102-00210163-the_tv-ent


名無しさん
この子はコメント力があると思う。キャプテンっていうのはエースを盛り上げる役でもある。乃木坂のエースである飛鳥や白石を盛り上げる役としては最適。彼女は頭がいい。勉強も出来るようだが、それ以外の面でも頭の回転が早い。まぁ頭もデカイけどな。

名無しさん
正直まなったんは初代キャプテンよりも知名度あって人気あると思う。
桜井玲香のほうがスペックが高く美人なんだけどね。


大変な事もあると思うけど頑張ってください。
応援しています。

名無しさん
後は、いずれ卒業する自分の後継者をしっかり育成しておく事も大事!

名無しさん
これからも今まで通りの乃木坂を作ってもらいたい!
期待してます、真夏キャプテン!

ベントラリス
卒業したメンバーの大半が舞台やドラマなど演技の仕事を中心に活動している。
である以上、これまであまり演技の外仕事をやって来なかった(避けてきた?)真夏、高山、星野、中田、和田、新内といったメンバーが卒業せずにグループで活動を続けているのはある意味当然なのかも知れない。
そんな中で同じく演技仕事を苦手と公言し避けてきたかりんちゃんの卒業は試金石になるかなと思っていたのだが、なかなか順調なようでなにより。
既に多くのバラエティー番組を経験している真夏や高山、かりんちゃん同様得意分野がある中田や新内あたりはいつ卒業してもまあ大丈夫だろう。
問題は星野だなぁ。卒業後の進路が全く見えん。

kom
キャプテンは可愛くて頭が良くて凄い頑張り屋で頼りがいがある及び話しやすく。

そして、各期生メンバー間の潤滑油になると同時に繋ぐ接着剤役も出来る真夏さんが乃木坂の初代キャプテンだったら、AKBグループ初代総監督の高橋みなみにも劣らないいいキャプテンになって。

もっと乃木坂がいいグループになって発展していたと思う。


名無しさん
真夏さん、頭良くて意外と真面目だからな
ピンの活動も多いし、MCもやれるぐらいだからしっかりしすぎてしまうと面白味がなくなるからw
というか、よだっちょは今でも末っ子感があるなw

名無しさん
まなったんのキャプテン任期はそれほど長くないでしょう。グループの未来を繋ぐためにより若い世代にキャプテンを託せる人材を育成する、真夏に任されたです大切な仕事だと思う

名無しさん
白石の後が問題です。その試金石になるのが三期生四期生合同ライブでしょうね。チケット外れたけど。

焼きそばパン
乃木坂とかアイドル興味無いけど、真夏さんは可愛いと思う。

名無しさん
最も大切な人材だと思うのは白石さん

名無しさん
真夏さんは頭の回転早いし気持ちの優しい素敵なお嬢さんだね!

ブロンズ王国
正直アイドル及びアイドルグループ活動の寿命は短い、それに世間からの賞味期限も新しい商品が現れたら飽きられるし興味も切れる、だから期限の切れる前に新たな道に歩むのも致し方ない

名無しさん
人が抜けて人気が無くなって来ても、それはどうする事も出来へんよ…(´▽`)

名無しさん
生駒ちゃん、ななみん、まいまい、玲香…。
失ってきたものが大きすぎるな。
誰もその人の代わりはできないから自分らしくいこうぜ!

黒飛沫
制服のマネキンで真夏さんの
2列目の右端の立ち位置と
曲の終わりの4人が並びを
どんな風に思いついたんだろうな

名無しさん
山下は、真夏いじりには注意した方がいい。
堀はそれで潰れて行った。

名無しさん
本来なら一期の玲香から二期あるいは三期のって考えた時に二期には纏めあげる力というか、魅力があるのが見当たらないし、だからといって三期ではまだ若いからっていうある意味苦渋の選択で秋元になっちゃったはずなんだよ。それは、たぶん秋元も知ってるし、今後を見据えたお手本としてわかりやすいから二代目キャプテンは秋元になったんじゃないかとその間に三期では誰なんだと必死に内部では模索してるはずだよ!

名無しさん
坂道研究生でまた新しいグループを作るんだろうな