天気の話題を振って、二往復の会話を成立させよう

こんどは、天気の話題を第一声に雑談を始めましょう。

先ほどは「挨拶 → 天気の話題」の流れでしたが、
今回は天気の話題を会話のきっかけにします。

 

最後の二往復目は、
天気の話題を少し掘り下げることになるでしょう。

例えば、次のような会話をするのがこの項の目的です。

 

あなた「いい天気ですね」
← 同意を求める質問

相手 「ホントですね」

あなた「雲ひとつ無いですね」
← 一往復目。同意を求める質問。

相手 「ええ」
あなた「毎日こんな天気ばかりならいいですね」

← 二往復目。天気の話題を掘り下げる。

 

こういった会話が自然にできるようになれば、

会話の苦手を克服できたといっていいと思います。

この会話例の一往復目は
「いい天気」の詳細が話の内容です。

「雲ひとつ無い、いい天気ですね」と言い換えることもできるセリフを二つに分けることで、
一往復の会話をしています。

 

二往復目の「毎日こんな天気ばかりならいいですね」は、
あなたの感想です。

天気に関するあなたの感想を付け足すことで、
二往復の会話が成立しました。

会話が苦手な人の中には、
自分の気持ちを話すことが苦手な人も多いでしょう。

 

雑談は言葉のキャッチボールですが、
盛り上がっている雑談の多くは
心(気持ち)のキャッチボールでできています。

会話の苦手を克服するには、
少しでもあなたの気持ちを入れることが大事です。

 

この項からは、
気持ちを言葉にするテクニックを使っていかないと、
二往復の会話を成立させることが難しくなります。

苦手な人にとって、
頑張りどころです。

 

気持ちを取り入れた会話例もたくさん紹介していきます。

上手な気持ちの話し方を、
少しずつでもマスターしていってください。