雑談で笑いが起きる、具体的なツッコミ例

ツっこんで笑いを起こす会話とは、例えば次のような会話です。

・雑談でのツッコミ例1

相手 「今日のテストのために、徹夜で勉強しちゃったよ」

あなた「がんばったじゃん」

相手 「おかげでテスト中うっかり寝ちゃいそうになっちゃった」

あなた「ダメでしょ」← これがツッコミ

・雑談でのツッコミ例2

あなた「今度の日曜日、暇?」

相手 「なにもやることなかったら暇かな」

あなた「当たり前でしょ」← これがツッコミ

雑談でつっこむ会話のきっかけ

雑談の中でツッコミを入れると、
笑いが起きます。

「ついつい笑顔になる」程度のものから
「大爆笑」まで笑いのサイズは様々ですが、
「笑い」は、相手との心の距離を一気に縮めます。

ツッコミは訂正です。

否定ではありませんので、
上手にやれば、
ツっこまれた本人も嫌な気持ちもなりません。

次の例はどうでしょうか?

・雑談でのツッコミ例3

相手 「どうしよう。私この仕事うまくやっていく自信ないな」

あなた「元気出して。私はあなたの味方だよ。困ったことがあったらなんでも言ってよ」

相手 「ありがとう。でも不安で不安で。悩みすぎて夜しか眠れないの」

あなた「殴っていい?(笑顔で)」← これがツッコミ

相手の「悩みすぎて夜しか眠れないの」のボケに対してのツッコミです。

このツッコミは、
相手を選びます。

会社の上司に「殴る」なんて使えないですし、
あまり親しくない相手にも使いづらい言葉です。

 

逆に、こんな会話ができる相手は、
いい人間関係が築けている間柄とも言えます。

上司にツっこむなら
「ちゃんと眠れてるじゃないですか!」くらいが適当でしょう。

ツっこむ時は、
空気を読むことをお忘れなく。

相手と自分との関係性を把握して上で、
加減してツっこみましょう。