スポンサーリンク
著名人の学生時代の友人の付き合い方とは

ハライチ岩井さんは
「同窓会に行く人は学生時代が人生のピークだった人」と言います。

岩井さんは
同窓会について
こう話します。
「じゃなんで、同窓会にわざわざ行く人がいるのか。学生時代のお調子者の男子が毎回同じようにはしゃぎ、それを見た女子がまたあいつ、馬鹿やって!と笑う。しかも毎回、同じところで笑う。僕はむしろ怖い。それの何が楽しいのか、と」

「たぶん若い時期から同窓会に頻繁に参加する人は、まず、「学生時代の楽しさのピークを更新できていない人たち」なんだと思います。学生の頃の思い出にずっと縛られているんじゃないかな。
「今が本当に楽しい人」は、同窓会に頻繁に顔を出し、何度も何度も同じ思い出話なんてする必要もないし暇もないでしょう」と言いました。

次に林修先生です。

「小中学校の友人なんてクソみたいなもの」
「親友や仲のいい友達はいなくていい」
「小中学校の友人なんて不要」
「考えてみればたまたま同じ地域に居て、たまたま同じ年齢で、
40人の枠に放り込まれても」と語りました。

次は有吉弘行さんの学生時代の友達の考えについて
お話をしたいと思います。

「マツコ&有吉の怒り新党」で、
有吉さんが学生時代の友人関係について語りました。

友達に怪しい商品を売りつけられそうになっている視聴者の「円滑に関係を絶つにはどうしたら」という悩みで
これを受けて有吉さんは
「正直言えば、もう円滑な必要が全くなくて、
もういいの一生会わなきゃいい」とアドバイス。

「学生時代の友達全部切った俺、いま寂しくないよ」と打ち明けました。

最後はブラマヨ小杉さんのを紹介したいと思います。

ブラックマヨネーズの小杉竜一さんは
「僕も16からずっと親友やった友達と40になってから絶交したんですけど」
「そうですね。大人になってからの方が、こじれたりすることも逆に多かったりして」
「僕も16からずっと親友やった友達と40になってから絶交したんですけど」
「やっぱ、そういうのって尾を引いてなかなか雪解けしないですよね、やっぱりね」
「何か…『あいつオレのことなめてる』みたいな感じで言われて、
オレも『そんなんやったらオレももう絶交や』ってなって、そこから連絡取ってないんですよ。
周りは『もうええやん』て言うんですけど、お互い意固地になってもうてるから、
どっちかがゴメンとも言わないんで、やっぱり」と話しました。

コメントを残す

本当の人生の楽しさを味わってみませんか?

ホーム
子供を学校に行かせる必要なし!!
日本の学校教育の悪い習慣や経験を打破し、
「知らない」から「知る」に変えるカリキュラムです。

①より良い人間関係を引き寄せられる
②自信が持てる
③仕事や勉強などの生産性が上がる
④社会貢献できる、
⑤充実した人生、人生の質が高まる

これらも得られ、
夢の実現を高めます。

購入

出会い

「ナンパ」と言うと
チャラいイメージですが、
「一つの出会い」に変える事ができます。

当カリキュラムは
段階を踏むごとに
複数のタイプの女性と付き合うことができ、
女性にゆとりの持てる人生を歩めます。

購入

おすすめの記事