恋愛でプロセスを省略してHを求める男性は危険!?

ダメ男の見分け方

・最短距離で体に到達しようとする

 

完全に体目当ての下心満載の男性は、
できるだけコスト(時間、体力、エネルギー、根気、お金)を掛けずに、
最も近道で 一線を越えるまでのゴール、目的を遂行しようとします。

 

面倒くさい恋愛の段階、
プロセスを省略したがる特徴があり、
次に口説きたい女性も沢山控えている。

本気で惚れこんでいるわけでもなく、
縁を切っても後腐れがないのでアタックやアプローチが大胆になる。

 

できるだけ時間やお金を掛けないで、
大人の男女関係へと事を及ぶために誘導してくるので 簡単に体目的か見抜けます。

例えばデートに誘う時は何の脈絡も無く家デート、
相手の家か自宅での宅飲み、サシ飲み、
ネットカフェや漫画喫茶などを 提案してくる。

 

個室居酒屋で飲んでいる時などはボディタッチが多く、
褒め言葉も欠かせない。

また夜景レストランに誘う場合もそうです。

 

深夜だったら終電もなくなるし、
闇にまぎれてホテル街に連れ込みやすい。

これらの男性を見極め回避するためには、
できるだけ、焦らして反応、リアクションを伺ってみるのが良いでしょう。

 

メールでデート話はせず、
他愛無い世間話や雑談をメインにしてみる。

実際に会っている時は、
下ネタを振られても嫌な顔をしてできるだけ受け流し。
スルーを徹底してみる。

 

これらを試してみると、
体目的の男性の場合は焦りやイライラ感が募ってきて、
何度も会うことを強要したり、強引に口説き落としにかかるかもしれない。

もし、健全な彼氏や彼女として、
普通に付き合っていきたいと思っているのなら、
余裕の表情でしぐさや態度、行動、
サインなどに大した変化の兆候は見られず、通常通り接してくれる。

 

男性の本命度、本気度を確かめたいならあえて焦らして、
肉体関係への道から遠ざかってみる、

一度ぐらいは遠回りしてみると、
男性心理の本音や本心が見えてきて体目当てか見抜くことができます。
k@pk
 

積極的であり、諦めも早いこのタイプは面倒くさいと判断すると、
不機嫌になったり冷たくなり立ち去っていく可能性が高いです。

 

男友達につきまとわれたり、
「俺んちに遊びに来いよ」と誘われた時は無視するか、
「幻滅した」とでも言ってあしらい、
世間話だけで対応して様子を見ましょう。

 

デート中ホテルに誘われても、
「行かない」と一度断って帰宅してみるのも気持ちを試す方法として使えます。

深い仲になりたいという申し出を断った時の表情や言動の変化で、
その人の本質が伺えるのです。

 

・不自然なボディタッチ

 

好意を持っている男女であれば、
親密な関係にステップアップさせるためにスキンシップや触れ合いが発生します。

しかし、それがあまりに露骨で、
下心丸出しの場合は女性も警戒心が生まれてしまうのは仕方ないでしょう。

 

まだあってからすぐのタイミングで、
脚や太もも、肩や腰などに手を回してきたり、
定番の髪を撫でたり、頭をポンポンするなどの行動、
行為をしてくる。

 

突然「手相見せて」と手を取り、
手相を指でなぞりながら占いを開始したりするのも ありがちなこと。

デートの移動中にそっと触れるぐらいのボディタッチであれば、
紳士的にエスコートされている感じがして、心地良いものです。

明らかに下心に直結しているようないやらしい空気を感じるのであれば、
危ないかもしれません。

 

しかし、ボディタッチは女性の好意や心理的距離を縮めたり、
確かめ見分けるための行為、振る舞いでもあるので、
少しぐらいなら笑って許してあげましょう。

 

ただ、あまりに一方的で強引な触り方だったら、
サッと手で払いのけたり、 体を引く、
遠ざけるなど、拒否、拒絶する姿勢をメッセージやサインとして、
発信していくことも大事です。

いつまでも断らないでいると、
「オーケーなのかな」と思われ押し倒されてしまうこともあります。

 

ボディタッチをしても「無言、沈黙、抵抗しない」ということは、
「合意の上」「GOサイン」の意思と勘違いして受け取られてしまいます。

タイミング的に早いと感じたり、
嫌であれば良好な関係を壊さないようにやんわりと断るようにしましょう。

 

それぐらいで付き合いを辞めて別れてしまうような男性は、
初めから 真剣に本気で付き合おうという気持ちは、
さらさら無かったという証明になり体目当てと見抜くことができます。

 

ただ、あまりに拒否ばかりして我慢、
抑制ばかりさせると、
本命の相手でも嫌気がさして、
別の異性にターゲットを切り替えてしまうこともありますので、
相手によって臨機応変に態度を変化させましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ