ロンドンハーツのハーフタレントは人材みつからず!?

今回のロンドンハーツは、
「女性ハーフタレントオーディション」です。

 

女性ハーフタレントには、
ロンハーだと聞かされないです。

違う番組のオーディションと伝えてあります。

 

過去にトリンドル玲奈が出ていましたが、
踏み台にして、今は出演してないです。

もっとも、トリンドルはここ最近、
バラエティの出演が激減しました。

 

前はクイズ番組にふつうに出ていました。

淳たちはモニターで、
みるかたちです。

 

最初は大濠ハンナです。

 

ローラに似ているキャラです。

すでに水沢アリーもいます。

似ている段階でダメです。

「もっとハキハキは?」と、
面接官の蔵原ディレクターが聞きます。

 

「意識したらできま~す」と答えます。

福岡弁もできるそうです。

アンパンマンのモノマネをして、
有吉が「いい」と好評化です。

 

実際はよくないです。

チャレンジ精神があります。

 

次はステファニーです。

 

日本有線大賞を獲っています。

有吉もです。

ステファニーは意外としっかり者です。

人にペコペコ人生で、
常に人の顔色をうかがうそうです。

 

歌はうまいけど、
ロンハーで歌う場面はないです。

精神的、肉体的にドMなので、
イジってほしいそうです。

 

有吉は「丸高とコイツはいい」と言います。

コイツとは、
谷澤恵里香のことです。

 

次は宮河マヤです。

 

有吉が「淳、好きそう」と言います。

「ねえ~」と否定しません。

しかも、呼び捨てのことを、
ふれませんでした。

すごい笑顔で、
自己主張が強いです。

韓国語ができます。

 

「こんなんだから落選」と、
有吉がダメ出しします。

「自分からキャラ濃いはロクなのいない」と、
また、ダメ出しします。

 

ローラみたいに「さんまちゃん」とやっていれば、
今頃は私がローラのポジション的なことを言います。

「お前もそうしろ」と、
有吉がダメ出しします。

逆に有吉にハマっていると思いきや、
青木さやかパターンもあると否定します。

 

宮河はサンバダンスをして、
マネージャーを困惑させます。

有吉は「合格」と一言です。

 

腹筋をすることになりました。

一言、「チュッ」や「イエーイ」もしました。

腹筋が終わると、
「なあーに、これだけ」と言います。

 

HなDVDみたいになりました。

マネージャーがまた、困惑します。

 

有吉が「待っているぞ」と、
モニター越しに言います。

次は人間性チェックです。

ハンナに仕掛けてのは、
ナンパです。

やはり、警戒しています。

 

有吉が「オレがいったら」と、
ナンパ師役に文句を言います。

「彼氏いるので大丈夫」と、
ハンナはやり過ごそうとします。

 

水沢アリー感は出してないです。

名前を聞かれたときに、
本名のアキを言います。

ナンパ師が、
近くの柱を一周まわって、
「また会いましたね」と荒業を使います。

 

もちろん、淳の指示です。

むかし、よく使ってパターンだそうです。

番号を教えて、
ワン切りをさせました。

 

番号交換できてしまいました。

 

次はステファニーです。

 

「英語で道を聞かれたら」です。

外国人に店の場所を聞かれた後に、
「ダキタイ」「今晩私と、一夜を過ごしませんか?」
「あなたのスキナ下着はナンデスカ」と、
急にクレイジーになりました。

 

「ソロソロ行きます」と言います。

有吉が「ほしい、誰をクビにするか」と言います。

 

淳が「手島かな」

宮河には、
間違い電話です。

淳が最初に電話します。

 

「こいしだし」「だれだし」
と敦が言うと、
宮河は「知らないし」とキレ気味です。

 

そして、電話をキラれました。

そして、有吉扮するよしはしさんが登場します。

「会社やめさせてもらいたい」
「どなたでしょうか、社長?」と聞きます。

そして、電話を切られます。

蔵原ディレクターと偶然会う設定で、
テンションがアップするかチェックします。

 

そして、蔵原に会い、
「ヤダ~~~、5個くらい番号」と、
さっきのことを盛って話しました。

 

「いつも明るいよ、ヤダヤダ」と言います。

「ヘイカモン」と蔵原の合図、
二人でサンバダンスします。

「他にも良い子いた」と、
蔵原がオーディションのウソの状況を話します。

 

蔵原とは、
簡単に番号交換しました。

「彼氏いる」と宮河が言います。

 

「なんだ、じゃあいいわ」
と蔵原が言うと、
「いないかもよ」と宮河が返します。

最後はハグします。

最後はネタバラシです。

 

ランウェイの歩き方と顔の表情を、
審査の対象と伝えてありますが、
そこに落とし穴があります。

 

有吉が「優勝者がいい目にあうとは」と、
とろサーモン久保田のことを言います。

久保田はネット専門という結論になりました。

最初はハンナです。

歩くとすぐ落とし穴です。

落ちても「イエ~イ」とハイテンションです。

「ドッキリみたい~」と言います。

そして、謎のもう一つのイスがありました。

落とし穴を作り直します。

 

次はステファニーです。

 

落ちても、
「やってみたかった」とコメントします。

ハンナの隣に座ると、
「しゃべらないでください」とスタッフに注意されます。

宮河には事前に落とし穴があることを知らせます。

 

ただし、宮河に関しては、
落とし穴がありません。

それを聞いて、
「OHMYGOD」と反応します。

 

落ちる練習までします。

そして、ランウェイで、
下を確認をします。

しっかり踏みます。

ジャンプしても、
びくともしません。

残りの二人は故障と思います。

 

宮河は向こうのミスだと思ったそうです。

そして、故障したはずの落とし穴があきます。

 

そして、落ちます。

淳たちと対面します。

ネタバラシします。

「もう1回やる」と有吉が提案します。

淳はスタッフと協議して、
グランプリは該当者なしです。

 

会ったら、しっくりこなかったそうです。

3名とも準グランプリになりました。