藤ヶ谷太輔と中島健人が不仲とのウワサの原因を徹底検証!

藤ヶ谷太輔

キスマイ藤ヶ谷太輔クンに、
なんと同じジャニーズの中島健人クンと不仲であるとの報道が入ってきました!

中島健人クンは、
キスマイの後輩にあたるSexyZoneでおなじみ。

 

同じジャニーズで、
不仲とは極力さけてもらいたいのですが、
なぜこのような不仲説に至るようになったのでしょうか!?

 

どちらも、
今後のジャニーズを支えて行く筆頭になるようなグループですからね!

今回は藤ヶ谷クンと、
中島健人クンとの不仲説について徹底検証してみます!

なぜこの2人が不仲であると言われるようになったのでしょうか。

それは、キスマイのテレビ番組「
キスマイBUSAIKU!?」に原因がありました!

なんとも、2014年3月16日に放送されたキスマイBUSAIKU!?に中島健人クンがゲスト出演。

 

その中で、先輩であるキスマイメンバーに、
中島健人クンは後輩らしくない態度を取っていた事が原因になっているようです!

 

騒動の詳細は下記引用文をご確認ください↓

3月16日深夜放送の『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)に、
Sexy Zone中島健人がゲスト出演しました。

中島は「(この番組に)ほんっとに出たかったんですよ!」
「ほんっとに好きなんですよ。キスマイも『キスマイBUSAIKU!?』も!」と、
念願が叶ったことを強調。

 

さすが番組のファンなだけあり、
「玉森(裕太)くんはめちゃめちゃナチュラル」
「ニカちゃん(二階堂高嗣)は、
観覧車の時の『チューしながら一緒に写メろ』って言ったのが、
ずっともうゾワゾワする!」
「エレベーターの時の横尾(渉)くんがマジでヤバかった気がする」
「千賀(健永)くんは目がマジ」などと、
それぞれについて的確な評価をしてみせます。

 

藤ヶ谷太輔については、
「毎回かっこ良すぎる!」とコメントし、
特に逆チョコを渡して愛の告白をした回がお気に入りのようで、
「あんな逆チョコもらったら絶対OK出す」とすっかり女子目線。

 

しかし中島が「ホントに、
“ファンタスティック胸キュン”っていうか」と、
キャラを出し始めると、
藤ヶ谷は露骨に眉根を寄せ首を傾げて「わかんねー……」とつぶやきます。

 

どうやら中島をどう扱って良いかわからないようです。

ここで、ドラマ『BAD BOYS J』(日本テレビ系)で、
中島と共演した二階堂が「(キスマイ)全員のモノマネしてた」と、
明かしたことから、
中島はキスマイのセカンドシングル「We never give up!」の歌マネを披露することに。

中島が北山宏光の歌い出しから藤ヶ谷までをマネてみせると、
イジられるのが大嫌いな藤ヶ谷は、
「まぁ今のは……カットしてほしいね」と不機嫌に。

 

不穏な空気を察した二階堂は、
「ちょっと聞いて!」と間に入り、
実は「ミツとかの前ではやっていいけど、
ガヤの前では絶対やっちゃダメだよ」と、
中島に忠告していたことを告白。

 

それでもつい披露してしまう中島、
肝がすわっているのか天然なのか……。

さらにこの後も藤ヶ谷は中島に困惑することになります。

この日の「キスマイBUSAIKU!? ランキング」のお題が、
「卒業で離ればなれになる彼女にかける言葉」だったことから、
メンバーが「最近までそう(高校生)だったじゃん。そういうことあった?」(千賀)、

「“ファンタスティック胸キュン”させてた?」(北山)と、
中島の恋愛話を引き出そうとしたのです。

高校の卒業式は、
なかなか校門も出られないほど、
モテたという中島です。
“ファンタスティック胸キュン”を、
「“ファン胸”は~」と略して言ったところ、
中島の軽いノリが性に合わないのか、
藤ヶ谷が「いやお前それはオレ許さねぇぞ?
なんだよお前“ファン胸”って! それは許さねー!」と憤慨。

 

しかしながら中島にとっては、
藤ヶ谷はまさに“ファンタスティック胸キュン”な存在。

 

ランキングの2位に入った藤ヶ谷のVTRを見るやいなや、
なんと中島は泣き出したのです。

たしかに「オレ、マイコ(彼女)のこと本気で好きだし、
本当に大切だと思ってる」
「これから先、なにがあるかわからないけど、
オレマイコと一緒だと思ったらなんでも頑張れる気がする」
「離れちゃうけど、オレはずっとマイコの側にいるから」というセリフは頼もしいのですが、
だからと言って涙を流すほどではないはず……。

キスマイの面々も戸惑いを隠せません。

 

異常に感情移入し号泣状態の中島は、
「なんかすっごい、めっちゃ今の感動しちゃった」と、
ハンカチで涙を拭いながら、
「今のをやられたら、ホント、オレ別れられないですよ」
「完ぺきに自分を投影して見ちゃって。

 

ホントに離れてほしくないと思っちゃって」と語り、
「言葉で表せない愛っていうか。あれやられたら、ホント死ねる」とまで。

よほど疲れていたのか、
それともこんな風に彼女と別れた経験でもあるんでしょうか?

さてランキングの3位以下は、
千賀、北山、横尾、宮田俊哉ときて、最下位は安定の二階堂。

 

「今日でマイコと別れるって決めた」と、
一方的に別れを切り出し、
バカにしたように鼻で笑った後、
「今まで本当にありがとう。先帰っていいよ」とひと言。

 

彼女が教室から去ると、
ひとりになった二階堂は、
「これでマイコがまた新しい恋が出来たらいいな」と、
自己満たっぷりにつぶやきます。

もはや最下位を狙っているとしか思えない二階堂に、
メンバーたちは「(彼女)超かわいそうじゃない?」
「意味がわかんないんだけど!」と猛ツッコミ。

 

中島もそのツッコミに乗るかと思いきや、
「最後のひとりごとは、うーん……表情が微妙だったかもしれない」と。
なんと二階堂の演技力にダメ出し。

 

さらに「宮田くんは常に緊張してるのかなぁ?」と指摘し、
変顔を浮かべた横尾には「わざとやってるんですか?」。

ここまで無意識に上から目線で、
コメントし続ける中島です。
しかし1位の玉森が、
「帰ってこれる日にはすぐにマイコ(彼女)に会いにいくよ」
「離れててもオレはマイコのこと思い続けてるから」と、
彼女の顔に手をそえてキスするVTRを見ると、
中島も「これが“ザ・モテ男”っていうか。
なんか、あたたかい。見事に彼女を包み込んでますよね」と評価。

 

しかし次の瞬間、
またもや「『まさに僕がこの企画をやったとしたら、
こういうこと言ってるんだろうな』っていう理想の形」と上から目線に。

 

さらに再び「まさにこれが“ファンタスティック胸キュン”かも!」と言い出したため、
玉森も引き気味。

かろうじて「光栄ですよ……」と口にしていました。

映画『銀の匙 Silver Spoon』のプロモーションのため、
様々な番組に出演し、その度に王子様キャラを炸裂させてきた中島。

 

この日は自分の得意分野とあって、
つい講師目線になってしまったようですが、
その扱いにくさで大きな爪跡を残したといえそうです。

(引用元:ジャニーズ研究会)

実際の報道を検証してみると、
藤ヶ谷クンだけでなく、
キスマイメンバー全員から戸惑いが見れるなど、
中島健人クンはあまり良くない印象を残してしまったようです。

 

特に藤ヶ谷クンはイジられることが嫌いで、
おまけに後輩からそのような態度をされたというのなら、
相当頭にきたんではないでしょうか。

 

個人的にはジャニーズ同士で争うのは、
本当にやめてほしいのですが、
まあ、男の子はケンカもたびたびするでしょう。

 

これを期に仲良くなってくれればと思います。

藤ヶ谷クンも中島健人クンも、
そしてキスマイやセクゾも、
これからも活動頑張ってくださいね!!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ