あなたも勘違いしている!?旦那とうまくいかない本当の原因と解決法

理想の夫婦像とか、結婚生活を思い描いていたけど
旦那とうまくいかない・・・

何か違う・・・

なんでこうなったんだろう?
って思う事もしばしば。

離婚して他の人を探そうか・・・
それとも我慢して続けるか・・・

なんて、思っているかもしれませんね。

わかる!
わかるよ~!

自分もそうだったんで。

でもでも、実は離婚しても
我慢してもうまくいかないんです。

それが、この記事のタイトルにもしている
たった本当の原因です。

そのワケとは・・・

気付いていないけど、
自分で今の環境を作っている

良いですか?
大事なのでもう一度言います。

あなたが、その環境を作っているんです。

なので、我慢したって解決しないし
離婚して、他の人と結婚しても
また同じような環境を作っちゃう。

まずは、ここに気付きましょう。

ただ勘違いして欲しくないのですが
だからといってあなたが悪いわけではありません。

この環境は、ある「習慣」が原因で作られているのですが、
およそ95%の人が気付いていないとも言われています。

では、どうやってこの環境を
作り上げたのか?

について話していこうと思います。

旦那とうまくいかせたいけど
うまくいかないという奥さんがいました。

そして、相談の中で
その人はこう思っていたんです。

「旦那はかわいそうな人だ。
だから、私が変えてあげないといけない。

それが彼の幸せだから。

私は頑張って、彼を変えようと
努力したけど変わらない。

もう、疲れたから離婚した方が良いか?」

ここには、この人すら気付いていない
自分でこの環境を作ったワケが語られています。

まぁ、簡単に言うと、

「自分で自分の首を絞めている」

ということ。

相手を変えようと

褒めたり、手紙を書いたり
話し合いをしたり、怒ったり

いろんなことをしているようでした。

でも、この人は

「あなたはかわいそうな人」

という考え方の元で話し合いをしています。

そうなると、言葉の端々に

「あなたはこうなった方が良い」
「こうなるべきだ」
「こっちの方がもっと幸せになれる」

というようなことを感じさせる
言葉が出てきます。

それを相手が聞くとどう思いますか?

「この人は、おれのことをこんな風に
思っていたんだ。

おれは、認められていない。
ダメなところばかり指摘されているようだ。」

と感じます。

うちの奥さんに対して、自分の理想を
押しつけていた。

その結果、奥さんを責めて、うまくいかない
自分も責めて、最悪な家族でした。
もっと、暖かくて幸せな家庭を築きたいだけ。

でも、相手を変えようとすればするほど、
相手には

「あなたは間違っている」
「あなたは子供を愛していない」
「あなたの行動はおかしい」

という言葉になって
伝わるんです。

この言葉を聞いても、相手は
どうしようもありません。

多分、気付かないところで、
何度かがんばって、自分を変えようとしたと思います。

でも、誰かに言われて強制的に
変わったって、また元に戻るんです。

それでも、また

「あなたは間違っている」
「あなたは子供を愛していない」
「あなたの行動はおかしい」

と言われ、攻撃され続ける・・・

あなたが変えようと努力すればするほど
相手は反発するか、自分はダメな人間なんだと落胆していきます。

だから、変えようとは思わないでください。

相手を変えるというのは、悪い所や
気になる所を指摘しているに過ぎません。

そこを見続けても、あなたにも、旦那さんにも
お子さんにも、良い影響は絶対に与えません。

では、一体どうすればいいのか?

今の状況を変えるために
あなたがすべきことは?

それが、コーチングの技術である
Good&Newという方法になります。

簡単に言うと、

「良い所を見る習慣を身につける方法」

です。

今のあなたは、相手の気になるところや、
悪いところばかり見る習慣になっています。  

それを変える必要があるんです。

このGood & Newという手法を使って
この習慣を逆にするということです。

悪い所を見るのではなく、良い所を探すのです。

これまでは気になる点や嫌なところを見る
習慣だったので、すぐに変えることは難しいかもしれません。

でも、これを毎日すると、
相手の良い所が見えるようになります。

そうなると、相手の気になる点や
悪い所が気にならなくなり、「相手を変えたい」
という気持ちが薄まります。

そうなると、相手を変えようという言葉や態度が無くなるんです。

これが無くなると、相手にもそれが
伝わります。

そうなると、相手は、あなたとの関係に対して
「受け入れてくれた」という安心感だったり、
居心地が良かったりします。