履歴書は手書き?パソコン?どっちがいいか?

今回は履歴書の作成方法について。

「履歴書は手書きの方が良いか」or「パソコンで作成した方が良いか」

ただひとつだけ確実に言える事は、
手書きが絶対にNGという会社もパソコンがNGという会社もない。

では、どちらが方が効率が良いかって話。

理由は効率が良いと思ったから。

 

パソコンで履歴書を作成するメリット

履歴書をパソコンで作るとこんなメリットがあると言われている。

パソコンスキルが証明できる。

履歴書を一度作成すると何度でも複製が出来る。

文字が読みやすい

書き間違いの訂正が楽だから効率が良い

このメリットを読んで皆さんはどう思いますか?

 

ではひとつひとつ解説していくよ。

履歴書をパソコンで作ったら、
パソコンスキルは証明できる?

履歴書をパソコンで作ると
「パソコンスキルが証明できる」と言う。

これに「本当に思っているか?」と思うんだ。

仮にパソコンを全く使わない職業を狙っているのであれば
「おお!」って思われるかもしれない。

 

ただし、パソコンを使わないのであれば、
パソコンスキルはいらない。

パソコンを使う仕事に就くのであれば、
履歴書を作れる程度ではパソコンスキルがあるとは言えない。

だいたい履歴書なんてみんな作ってないのよ。

履歴書のフォーマットをインターネットからダウンロードする。

空いているスペースに入力するだけ。

 

このレベルで「パソコンスキルがある」と言えるのだろうか?
おそらく今の御時世ではパソコンの入力オペレーターにもなれないよ。

もしパソコンスキルをアピールしたいのであれば、
それは自己PRにちゃんと書くべきだよ。

 

パソコンで履歴書を作ると何度も複製ができるのか?

パソコンで作った書類は印刷ボタンを押すと
何枚でも印刷できる。

手書きでもコピー機を利用すれば何枚でも複製できる。

でも、手書きで書いた履歴書をコピーして
企業に送付する人はいない。

 

今は同時に複数の企業に応募する事は常識になってはいるが、
あからさまするのは礼儀としてNGだと思っているからじゃないかな。

常識だけど失礼なことってあるだよ。

じゃ、パソコンでは?

パソコンで作成した場合、
一社しか受けていのか?」複数同時に受けているのか?が判定ができない。

そんな事考えたら、疑われる方が面倒だと思わないか?

 

パソコンの方が文字が読みやすい

実はおれも字は下手くそで恥ずかしい。

丁寧に書くと遅い。

会社の書類の9割はパソコンだし文字を書く機会も少ないから、
学生時代から成長していない。

でも、字が汚い人の特徴は丁寧じゃないんだよね。
どんなに字を書くのが苦手でも丁寧に書けば普通に読めるよ。

 

どうしても手書きが苦手という人は
「履歴書 字が汚くても強引にキレイに見せる技」を読んでみて。

書き間違いの訂正が楽だから効率が良いは本当か?

パソコンが便利なのは訂正が簡単に済んでしまうこと。

手書きで書くより、
パソコンで入力した方が早い人も多いと思う。

けど、パソコンが効率が良いか?と言われたら疑問が残る。

そもそも転職における効率とは何か?
それは書類を作ることがゴールではない。

採用される事がゴール。

 

過程に時間がかかっても
最初の1社目で採用されたら効率は良いってことになる。

逆にどれだけ早く履歴書を作っても採用確率が低いと効率は悪い。

転職の効率とは「作業時間×採用確率」で決まるんだ。

転職における効率の考え方を間違うと痛い目にあうよ。

 

転職は一社ずつ時間をかけろ!
転職においては「下手な鉄砲数打ちゃあたる」は危険な行為。

「受けたい会社が100社あるよ」って人はいないと思うんだ。
受けたい会社が5社見つかった人は幸せ者だよ。

けど、例え5社見つかってもその中に優先順位があるんじゃないかな?
もしそうであれば作業効率なんか考えてはいけないよ。

考えるべきは採用確率。

マシンガンで連射することができればきっと当たるだろう。
けど玉は5発しかないわけ。

 

この状況であればマシンガンは捨てて、スナイパーとして狙いを定め一発一発打ち込む事が必要。

 

「履歴書が手書きの人は採用したくない」と言った経営者

「履歴書を手書きの人は採用したくない」と言った経営者がいた。

元ライブドア社長の堀江貴文さん。
理由は「パソコンが普及している時代に、
手書きという効率が悪い行為をする人を採用したくない」って言ったらしい。

世の中には疑わずこれを信じる人がいるんだろうなって思うんだ。

ひとつ確実に言えるのは堀江さんは転職した経験がない人。

転職に関しては成功も失敗も経験がない人が言った言葉なんだよね。

 

ひとりの経営者としては正しいのかもしれないが、
堀江さんは他の社長と考え方が間逆だからこそ、
斬新だと思われ有名になった人。

この事実を安易に信じるのはどうかなって思うんだ。

 

「勝負の神様は細部に宿る」と言った有名人

「勝負の神様は細部に宿る」と言った有名人がいる。

サッカー元日本監督の岡田監督。
2010年南アフリカワールドカップで監督と務めた人。

この岡田さんは選手に
「勝負の神様は細部に宿る」と言って
選手を奮い立たせたらしい。

「疲れたからってちょっと手を抜いてもいいやって気持ちが、
結果的に1点の差になるんだ!だから小さい事にこだわれ!」って。

 

これはおれの想像だけど、
岡田さんは圧倒的にチカラの差があるチームと戦うときでも、
細部にこだわったら勝てると思ってないと思うんだ。

ただ同じぐらいのチーム力だったら、
もしくはちょっと強いぐらいの相手であれば、
小さなこだわりが勝敗に現れると考えているだと思う。

これは転職も一緒だよ。

 

結局、私達は受験にしても就職活動にしても小さな差で「受かった」「落ちた」ってやっているんだ。

英語がまったく変わらないオレが通訳になろうとしている訳じゃない。

「自分も頑張ればできるかも」と思える仕事に向かっているんだよ。

細部のこだわることによって、
結果をひっくり返せる可能性は十分にある。

そもそも転職というのは、
気持ちや熱意を伝えることで結果は変わるんだから。

その細部の一つが履歴書を手書きで書く行為だと思って、
それ以降は手書きの一本でやっているよ。

 

履歴書は手書き or パソコンのどちらが良いか?

最初に書いたように履歴書が
手書きでもパソコンでも採用確率に大きな影響は与えない。

もしかすると対応する面接官によっては、
1%も変わらない可能性もある。

そして「手書きなんて能率が悪い行為をなぜやらなきゃならんのだ」とも思うこともある。

この傾向は若い人ほど強い。

けど、採用の決定権を持つ人はおっさんばっかりだよ。

 

「若い世代がどう思うか?」ではなく
「おっさんがどう思うか?」が重要なんだ。

もし履歴書の書き方に迷っている人がいたら、
小さなこだわりが勝負を分けると思って
「箸か棒には引っかかるぞ」って気持ちで頑張ってくれ。

 

おさらい

履歴書は手書きでもパソコンでも採用確率に大きな影響はない

しかし転職は細部にこだわった者が勝つ。

細部にこだわる行為は、他の人から見ると熱意に映る

迷ったら履歴書は手書きで書くべき