西野七瀬が卒業してもソロで活動ているメンバーがいるから乃木坂46は安泰か!?

2018年春に卒業した生駒里奈に続き、
西野七瀬が年内での活動終了を発表。

一方で、もうすぐ4期生が加入するなど、
ターニングポイントに直面している乃木坂46。

 

今年の変革を振り返り、
グループとして取り組むべき新たな課題を考えてみた。

乃木坂46に起きた変革で、
最も大きいのがメンバーの卒業と加入だ。

4月には、
デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から
5作目『君の名は希望』までセンターを務めた
生駒里奈(センター回数は計6回)の卒業コンサートを日本武道館で開催。

生駒は5月6日の握手会を最後に乃木坂46での活動を終了した。

 

続いて9月20日、西野七瀬が公式ブログにて、
年内で乃木坂46での活動を終了し、
19年に卒業コンサートを開催することを発表した。

これまでシングルでセンターに6回(うち3回は単独)立った西野の卒業は、
乃木坂46の歴史において大きな分岐点となるだろう。

 

■2年ぶりの新メンバー加入

一方、18年は
乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の3グループによる「坂道合同新メンバーオーディション」を開催。

8月に12万9182人の応募者から38人の合格者を発表した。

各グループへのメンバー割り振りはまだ発表していないが(11月上旬現在)、
10人前後が乃木坂46の4期生として加入する日も近いだろう。

 

また、これまで乃木坂46をけん引してきた1期生だけでなく、
2期・3期生が注目を集める機会も増加した。

21stシングル『ジコチューで行こう!』(8月発売)では2
期生3名(鈴木絢音が初選抜)、3期生5名が選抜入り(岩本蓮加と梅澤美波が初選抜・福神入り)。

カップリング曲『空扉』では、2列目に白石麻衣や西野を従え、
フロント5人は全員3期生という新しい乃木坂46の形を見せている。

 

ソロ活動でも、若手メンバーが活躍の場を広げている。

ドラマはこれまでは1期生が中心だったが、
3期生の与田祐希が『モブサイコ100』で初めて連ドラにレギュラー出演。

女性誌でも、
同じく3期生の山下美月が雑誌『CanCam』の専属モデルに新加入した。

乃木坂46の人気は高まり続け、
若手までソロ活動で引っ張りだこ。

それにより、メンバーが集まって、
乃木坂46として活動する機会は絞り込まれている。

15年から年1枚発売してきたオリジナルアルバムのリリースも
今年はなかった(アンダーメンバーによるアルバムは1月に発売)。

 

ライブも、デビュー日にちなんで2月に行われてきた「BIRTHDAY LIVE」が、
今年は夏のツアーの東京公演を兼ねて7月に開催された。

今後は、グループ全体としての
一体感をいかに訴求していくかが課題になるだろう。