キスマイ藤ヶ谷太輔&玉森裕太がオンラインゲームの恐怖体験を語る!?

藤ヶ谷太輔 玉森裕太

10月24日に放送された文化放送『レコメン!』内の「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」で、 Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔と玉森裕太がゲームについて語る場面があった。

2年ぶりの上演となるミュージカル『DREAM BOYS』で主演を務め、千秋楽を終えて初の同番組出演となった玉森。藤ヶ谷から「終わってからゆっくりできました? 釣りやら、ゲームやら趣味とか」と問われて、「ゲームはしてるね! 夜通しやってますわ」と楽しそうに答えていた。

藤ヶ谷も「今のゲームは、クオリティ高いからね」と、ハマってしまうことに共感。玉森は時間を忘れてプレイを続けてしまう要因として、「オンラインっていう機能、ずるいよね~」と語る。これに対して藤ヶ谷は「なんでこんなに上には上がいるんだと。楽しみというより、勉強もあるよね。戦略考えるとか、いろいろね」と、オンラインで他プレイヤーと競争することが、ゲームのモチベーションになることを強調していた。

ここで玉森は、「オンラインでさ、知らない人からチャット来たりとかって、ある?」と質問。「あるある!」と応じた藤ヶ谷に、「そのときさ、返答の仕方に毎回迷っているんだけど」と相談していた。藤ヶ谷の回答は「ジェスチャーができる場合あるじゃん。それをやってマイクを切っちゃうか……でも、向こうからめちゃくちゃ入って来て、スペイン語とかでしゃべられると、なんてお返しすればいいんだと(笑)。オンラインは素晴らしいよ」というもの。ボイスチャットで困惑するのも、プレイヤー同士でコミュニケーションがとれる、今のゲームの醍醐味と感じているようだ。

そんななか、玉森は最近チャットで経験したエピソードを明かす。知らないプレイヤー同士で集まって協力プレイをするゲームで、「チャットしませんか?」とのメッセージを受け取った玉森が、なんとなくそれに応じてマイクを入れてみると、「よろしくお願いします」と、男性の低い声が聞こえたという。相手は優しく、「僕はこうやるんで、そちらはこうやってくれませんか」と、チームプレイの解説をしてくれたそうだ。そこで玉森は、「失敗したら怒られるかも」と緊張してしまい、案の定、ミスを連発。優しかった相手は「はぁ~~~(深いため息)。大丈夫ですよ」と露骨に苛立ちを見せ、玉森は「ガチ勢は怖い……」と、その日は怖くてゲームができなくなってしまったという。

これに合わせて、藤ヶ谷もオンラインあるあるとして、チームが負けるとすぐにログアウトするプレイヤーに、「もうちょっと余韻を残してほしい」と訴えていた。

誰もが手軽に、オンラインでゲームを遊べる時代。ちょっとした発言や態度が、相手を傷つけてしまう可能性も考えて、マナー守ってプレイしたいところだ。

リアルサウンド編集部

提供元:ヤフーニュース

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010008-realsound-ent

 

名無しさん
10/30(火)9:05
怪しげな繋がりに伴うトラブルも蔓延している世の中
名無しさん
10/31(水)22:32
あんまり足引っ張ると口には出さないが
態度や苛立ちが表面に出てきますね
言う人は言うが
僕だったら
そういう人とは一緒にはやりたく
ありませんけどね
名無しさん
10/30(火)12:52
どこの世界にもスペシャリストがいるんだなぁ何しても中途半端な俺に居場所はあるのか?
苦汁なめ代
11/2(金)22:19
30前後の男ってゲーマー多いよね
名無しさん
10/30(火)12:36
テレビの感想文みたいなコラム最近多くない?
名無しさん
10/30(火)10:49
人生のゲームでやらなければいけないことが多すぎて仮想のゲームをやってる余裕がない。
名無しさん
10/30(火)9:29
チャットはリアル友人や、何度も遊んだネット仲間以外とはしない。基本『チャットできません』表示にしとく。『よろしくお願いします』『ありがとう』
『ごめん』『お疲れ様でした』だけセリフ登録しといて
野良PTの時は、短縮でそれ言うだけかなー。
周りもそうしてるし。
特に野良PTって、人に指図したり
地雷地雷うるさいのが多いから、遊びたくない。
公式イベントで、ランダムPTで組まされる時だけ。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ