評論家の門倉貴史が佐藤二朗にホンマでっかな勧誘!?

ホンマでっかTVの人生相談です。
今回のゲストは、俳優の佐藤二朗です。

 

ドラマや英語の脇役でよくみます。

テンパり症を治したいというのが、
相談内容です。

 

佐藤二朗は、
芝居においてオンとオフはできるそうです。

 【1000円以上送料無料】めしばな刑事タチバナ DVD−BOX/佐藤二朗

 【1000円以上送料無料】めしばな刑事タチバナ DVD−BOX/佐藤二朗
価格:12,312円(税込、送料込)

 

私生活が問題でした。

留守電が不得意だそうです。

あの20秒は、
佐藤からすれば戦場だそうです。

料理は砂肝のニンニク炒めだけです。

佐藤は炒めるだけで、
残りは妻がやるそうです。

 

「ネットの情報でテンパるか」
を澤口が聞きます。

「澤口も同じ症状」とさんまがイジります。

 

「頭が大きい」と澤口が言うと、
佐藤は「大きなお世話」と半ギレです。

 【新品】【書籍 ハードカバー】澤口 俊之 夢をかなえる脳
価格:1,512円(税込、送料別)

佐藤はいろいろ考えるテンパるそうです。

「予測可能な世界でないとムリ」
と評論家の池田清彦が言います。

植木理恵はまだ、眼帯をつけていました。

 

「伝えたい情報を1つだけ言えばいい」
とアドバイスしました。

 

植木も最初の頃は、
この番組でテンパっていたそうです。

「最近は投げやり」
と評論家の武田邦彦とダメ出します。

 

周りが「開き直り」と訂正します。

澤口が「脳の構造をみたい」といいます。

さらに「結論からいうとバカ」と言います。

 

「独特なときにバカになるバカ」
「大西さん?」といいます。

 

ジミー大西から連想したそうです。

佐藤自身も似ていると、
言われたそうです。

佐藤は静電気もコワくて、
オーバーリアクションをしていまうそうです。

「おまじないがいい」
と池田がアドバイスします。

 

全然、思いつかない様子でしたが、
ズワイガニにしました。

 

「大西じゃなくて佐藤さん」
とまた、澤口が間違えます。

「仲間だから」とさんまが場を和ませます。

 

澤口は会うのが楽しみだったそうです。

なのに大西さんと間違えます。

 

テンパるは日本ではおいしいキャラだそうです。

佐藤は得キャラということになりました。

日本人の場合、口下手なほうが信頼されやすいそうです。

特に弁護士とかです。

 

テンパろうと思うと逆にテンパらなくなるそうです。

佐藤も2分ほど前からテンパらないそうです。

 

さんまはプライベートと仕事で分ければ、
いいそうです。

好きな相手にはこのキャラが効果的です。

 

なぜなら、普段は、ハキハキしていても、
好きな人の前で緊張することで、
相手の女性は「この人、私のときにだけドキドキするのかな」と、
ドキッとするそうです。

 

門倉貴史は一気に緊張を解く方法を伝授させます。

それは、裸祭りに参加することでした。

全国各地で開かれているそうです。

度胸が着くそうです。

 

「一緒に参加する?」と門倉が聞きます。

「一人で行け」とさんまに言われ、終わります。