梅澤美波はマイナス思考だったけどあるレジェンドの言葉で変わるきっかけに!

8月21日に結成10年目へ突入したアイドルグループ・乃木坂46。9月4日に加入4周年を迎えた3期生の一人として、グループを支えるのが梅澤美波だ。ファースト写真集の発売に、映画出演と躍進著しい彼女だが、過去には“マイナス思考が止まらない”苦悩の時期があったという。そんなとき救ってくれたのは1期生の白石麻衣ら、先輩メンバーの言葉だった。

■初のフロント入り曲で「マイナス思考が止まらない」苦悩の時期

3期生の一人として、まとめ役を任される機会も目立つ梅澤。ライブのMCや6月の配信番組『乃木坂46時間TV アベマ独占放送「はなれてたって、ぼくらはいっしょ!」』(ABEMA)などでもその一端がにじんでいたが、自分自身の役割は「自然に決まっていきました」と明かす。

「活動の中で、誰かにやってと言われたわけではないんです。加入してから、3期生内では比較的年上ではあったし、何か思うことがあっても言えない子も多かったので、そんな子たちが『こう思っているんだけど…』と伝えてくれたときに、代わりに何か発言するようにしていたら、その積み重ねでいつからか“仕切り役”と言われるようになっていきました。

学生時代は部活もやっていたし体育会系みたいなところもあって、その経験から『しっかりしなきゃ』とか『人を待たせちゃダメだ』という気持ちで当たり前のようにやっていたことが、『梅澤はしっかりしている』と思われるようになっていったというか。幼い頃も、姉も弟もいる環境で母親のご飯の手伝いを率先してやるような子だったし、誰かを手伝うという習慣が自然と今の役割につながっていったのかなと思います」。

9月25日には、1期生の齋藤飛鳥や同期の山下美月と共演した映画『映像研には手を出すな!』が公開。同月29日には初のソロ写真集『夢の近く』を発売するなど、活躍の幅を広げつつある彼女。しかし、過去を振り返ると「何をしてもマイナス思考が止まらない」ほどの時期もあったという。

「私たち3期生が選抜メンバーへ入り始めた『逃げ水』(18thシングル/2017年8月9日リリース)の辺りまでは3期生全体について考えることも多かったんですが、そこから個々の活躍が目立ち始めてからは、だいぶ葛藤していました。自分が初めて選抜入りできた『ジコチューで行こう!』(21stシングル/2018年8月8日リリース)の当時もプレッシャーが強くてとにかく必死に、何に対しても頑張ろうと思っていたのも覚えています」。

「でも、一番もがいていたのは、その次にあたる『帰り道は遠回りしたくなる』(22ndシングル/2018年11月14日リリース)の活動をしていた時期でした。初めてフロントメンバーに選んでいただきましたが、その理由も見いだせなくて、自信を持って前に立つことができなかったんです。ステージでは笑えなくなるし、パフォーマンス中にも人の目が怖くなってしまって。背が高くて手も長いからうまく生かして踊れるよう集中しなければならないのに、先輩にも遠慮して満足にできなくて、何をしてもマイナス思考が止まりませんでした。どう頑張っていいか分からないし、自分に対しても納得できないままで、ファンの方も『きっとよく思っていないんだろうな』と考えるほど悩んでいました。

だから、曲の力も強いのもあって『帰り道は遠回りしたくなる』の当時のパフォーマンスを見ると絶対に泣いてしまうんです。自信のなさから堂々と振る舞えなかった自分にも気が付くし、それがグループ全体としてもマイナスになっているのは、今になってようやく分かってきたというか。振り返ればいい思い出でしたけど、とにかく目立たないようにしようと、素の自分で楽しめていなかった時期でした」。

■白石麻衣ら先輩たちの言葉を受けて「後悔なくパフォーマンスしよう」

選抜メンバーやフロントメンバーとしてのチャンスをつかむも、自分自身へのプレッシャーから苦悩していた梅澤。その後、彼女の気持ちを救ってくれたのは、白石麻衣ら先輩たちの言葉だった。

「グループの『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』(2019年2月21~24日/大阪・京セラドーム)で、1期生の白石さん、橋本奈々未さん(2017年2月20日卒業)、松村沙友理さんのユニット曲『急斜面』を任されたのが、自分にとっての転機でした。当時、私は橋本さんのポジションを担当したんですが、それ以前から、自分の存在についていろいろな声を目にしていたから落ち込んでいて、人前ではめったに泣かないのに、本番後に号泣するくらい追い込まれていたんです」。

「でも、その光景を見た白石さんが『私もそういう時期があったんだよ』と話し掛けてくれて。これだけキラキラしていて弱さを見せない人でも同じ経験があったんだと知ったときに『こんなことでヘコタれていちゃダメだ』と思ったんです。また、2期生の北野(日奈子)さんや渡辺みり愛さんも駆け寄ってきてくれて、北野さんが『橋本さんのポジションへ入ってくれてありがとう』と言ってくれたんです。

北野さんのポジションへ入って『ありがとう』なら分かるけど、自分が参加していないユニットの曲を担当したことに対して、感謝を伝えてくれたのがうれしかったし、すごく響いて。そこから、先輩たちの言葉を受けて姿勢も変わりました。元から好きだったグループの力を自分の弱さで劣らせてはいけないし、周りからどう思われてもいいので、後悔なくパフォーマンスしようと思えるようになりました」。

■写真集や映画での経験で「心が楽に」

これまでの活動を通して、先輩たちの温かい言葉を受けながら、新たな自信を身につけた彼女。今年に入り仕事への姿勢もさらに変わってきたという。

「今年の初めごろ、自分にとって初めての写真集と映画の撮影という、芸能活動を振り返ってもターニングポイントと思えるほどのお仕事が続いていました。そんなとき、ふと気持ちが楽になる瞬間があったんです。それまでの私は、グループ内でもしっかりしていると言われることが多くて、『別に私は話も仕切りもうまいわけでもない』と感じながらも、自分に対する周りのイメージから『しっかりしなければいけない』と思い込み、苦しくなっていた部分もあったんです」。

「でも、写真集や映画の撮影を通して弱さを見せられるようになってからは、だいぶ心が楽になりいろいろな一面を出せるようになりました。レギュラー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系/毎週日曜24時)でも収録への臨み方が変わってきて、以前は、メモ帳に書いた内容を記憶していかないと話せなかったのに、本番ですんなりと話せるようになってきたんです。

考え過ぎると逆にからまってしまうと気が付いたし、変に準備し過ぎずに失敗してもいいから挑もうと思えるようになってからはすごく気が楽になって、楽しめるようになりました。ファンの方から『乃木中(番組の略称)でのイジられ方が面白い』と言ってもらえるようになったのもうれしいし、写真集でこれまでとは違うリラックスした表情を見せられたり、映画で金森という違った一面を出せるキャラクターを演じられたりした経験が、きっと私を変えてくれたのかなと思います」。

提供元:ヤフーニュース

参照URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/593672620be0178b535fcaa6a01b70579a3b9a09

恵まれたビジュアル・スタイルの
梅ちゃんでも、人それぞれ色んな悩みが
あるんだなぁと。

先輩メンバーはアドバイスは出来るけど、
それを乗り越えるのも自分で、しかない。

憧れのまいやんにかけて貰った言葉は、
一生忘れないんだろうなぁ。

これからの乃木坂を支える重要な
メンバーである事は間違いない。
自分も目立ちつつ、後輩の教育も
頼みます。