篠田麻里子が柏木由紀を「くそりん」呼ばわりで不仲説は?

篠田麻里子

大所帯グループゆえ、
彼女たちには常にメンバー間の不仲説が絶えず、

 

「アイドルらしからぬ風貌の板野友美が浮いていて、
陰口を叩かれている」
「河西智美が指原莉乃をイビッていた」
「篠田麻里子の威圧感に渡辺麻友がビビッている」
「後輩が篠田麻里子をババア呼ばわり」

 

など数々のウワサが流布されてきた。

そんな中、13日に秋葉原のAKB専用劇場で行われたチームB公演で、
柏木由紀がこんな発言をしたという。

 

自己紹介コーナーで「感謝している人」という
お題に乗っ取り話し始めた柏木は、
「麻里子様(=篠田麻里子)、ともちんさん(=板野友美)、
こじはるさん(=小嶋陽菜)」の先輩3名に感謝していると明かした。

 

なぜなら、彼女たちは、
「容赦無く悪口を言う」からだそうだ。

 

「ダサいとか~。最近は麻里子様なんか、
(私のことを)“くそりん”って呼ぶ」と、
ヒドいあだ名をつけられていることを暴露しつつも、
どこかうれしそうな柏木。

 

そんな厳しい3先輩だからこそ、
優しくされるとうれしいようで、
「でも最近ほめられたの、
つめが可愛いって。今までで5本の指に入るくらいうれしかった」
とも話していた。

 

 

ともすれば「ゆきりんイジメられてるの?
大丈夫?」と心配になってしまうような話だが、
彼女たちの間では特にタブーではないようです。

3月にも柏木は、
自身のラジオ番組『柏木由紀のYUKIRIN TIME』(TOKYO FM)でも、
この話題をネタにしている。

いわく、「麻里子様がほんとにね酷いですね、
呼び方。かしわげちゃん、みたいの言い始めたのも麻里子様」
「あとはね…ラジオじゃ言えないくらいに(笑)。

 

全部に”りん”をつければいいと思ってて、
ゆきりんの”ゆき”の部分をひどい2文字に変えて呼ぶんですよ」。
しかしやはりどこか喜んでいるようです。

 

「(麻里子様)本人はすごい笑顔で呼んでくれるので、
悪い気はしないからいいんです。“かしわげちゃん”とか、
AKBに入るまで呼ばれたことなかった。

指原とかも私のこと“げちゃん”とか呼んできますね」
と明かしていた。

 

ファンの間でも篠田と柏木には、
「いつもじゃれあっている仲良し二人組」というイメージこそあれ、
不仲に見えることはないようだ。

かなり顔を寄せたツーショット写真も、
よく撮ってネットにUPしていますしね。

篠田は柏木のことをかわいがっていて、
それゆえイジりたくなる性分のようです。

他のメンバーに関係を茶化されるくらい
仲の良い時期もありましたよ。

歌番組出演時も仲良さそうにしていますし。

 

一期生メンバーほどの絆はないにしても、
取材現場でもじゃれついていることがあり、
お互い気を許しているように見えます。

 

まあ、昨年の総選挙で柏木は篠田より上の3位でしたし、
後輩に厳しい篠田も彼女の仕事ぶりを認めているのでしょう

篠田のみならず板野や小嶋も、
「容赦なく悪口を言ってくる」とのことだが、
「それダサいよ~」と指摘してくれる女友達は貴重な存在。

特に“プロアイドル”を目指して、
男性ファンに対しては、
“完璧なゆきりん”を演じようと心掛けている柏木だからこそ、
気の置けない会話のできるメンバーの存在がありがたいのかもしれない。

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ