天龍源一郎の仲人エピソードに思わず感動!?

有吉反省会

有吉反省会です。

 

オープニングでは、
「服だけは派手な人」と有吉に紹介されます。

 

IVANがすごいテレビでているという話題になりました。

フジテレビでMCもやっていたそうです。

恋愛は、有吉がいる大丈夫だそうです。

有吉は、一周して、照れました。

 

大久保は「週刊現代」で、
投資にハマっているという記事があったそうです。

 

一切やっていないようです。

現ナマが好きだからです。

 

反省人は天龍源一郎です。

 

相手に聞き取れないことを反省しにきました。

 

反省文を読んでも、
何を言っているのか分からない状態です。

 

過去に、長州力や藤波辰爾が、
滑舌が悪いということで反省しにきました。

天竜の場合は、
もはや、英語みたいです。

近くにいると聞き取れます。

 

プロレスラーの川田利明は、
わからなくても、「はいはい」言うそうです。

 

聞き返すと、
逆ギレするそうです。

プロレス記者の小佐野景浩は、
言ったものを書いても分からないです。

 

基本的には、
記者たちはライバルですが、
お互いにメモをつなぎ合わせて一致団結するそうです。

 

長女は、聞き返すのは、
2回までという暗黙のルールがある程でした。

とにかく、みんなが困っているということでした。

 

タクシーの時にも、
行き先を「神楽坂」と伝えたのに、
「かむろ坂」に付いたそうです。

 

運転手も聞くのも怖くて、
一か八かだった感じです。

天竜は怒って降りたそうです。

有吉は、
「声がかすれている、カサカサゴミ」
と毒舌します。

 

クルマの音で妻が「呼んだ」と聞くそうです。

声質が雑音と同じということになりました。

メガホンだと聞こえます。

 

仲人を頼まれたエピソードを話しますが、
エピソードが聞こえなかったです。

 

有吉は、「それは泣けますね」
といい加減な返事をします。

 

みそぎは、収録現場で、
タレントを呼び込みことでした。

これは通常、ADがやる仕事です。

みそぎです。

 

大久保佳代子のことを、
「かや子さん」と呼びました。

大吉は事情を知りません。

有吉の下の名前を言えなませんでした。

 

大吉は、「ドッキリだとしたら、悪質」と、
相変わらず上手いツッコみをします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ