ロンドンハーツで有吉のせいでブラマヨ小杉が悲惨な目に!?

ロンドンハーツの3時間SPです。

最初はロンハーの体力測定からです。

 

はんにゃ金田もいましたが、
キャラの濃いやつらが多かったため、
今回は目立つ機会がなかったです。

ブラマヨ小杉は、
肺年齢が75才と診断されました。

また太りました。

 

腹を触ることになりました。

有吉が腹をけります。

「へこんだ?」と有吉が聞きます。

 

また、蹴ります。

最初は「開眼その場足踏み」です。

専門家が説明しているときに、
ザキヤマが話しをします。

 

ザキヤマとカンニング竹山が一緒にやると、
どっちが竹山をします。

ザキヤマが「オレが竹山だよ」を連呼します。

 

最後は、淳と小杉です。

小杉は、渋い顔をします。

淳は後ろに、
移動していました。

体の前部が固いのが原因です。

 

股間でないです。

前は巨乳なので、
柔らかいというになりました。

 

次は「長座体前屈」です。

淳がやるときは、
亮が進行しました。

ヘタなので、
淳が自分でやることになりました。

 

小杉は、
竹山に「でかい赤ちゃん」とイジられます。

終わるとヘソヘルニアになります。

 

「ヘコませる方法が」と有吉が提案すると、
「ケリ勘弁」と小杉が言います。

 

次は「バランスフロントブリッジ」です。

 

「オイ、タケ、リラックスしろよ」と、
ザキヤマが落語の師匠口調になります。

「何やってんだ~タケ」とダメ出しします。

 

ザキヤマがイライラの一服のフリをします。

有吉が、
「一個ぐらい勝っておくか」と金田に宣戦布告します。

有吉が46秒でトップです。

ちなみに金田は43秒です。

有吉は柔道のおかげです。

 

ジュニアも「一個ぐらい勝っておくか」と宣言します。

50秒でした。

淳も「一個ぐらいこえる」と、
自分ができる確認してから言います。

 

まだいけるということで、
50秒を超えます。

1分1秒です。

次は小杉です。

キツそうな顔で、
「一個ぐらい勝ちたい」と宣言します。

37秒でした。

「オレの中で終わってない」と、
最後の悪あがきをします。

 

次は「ベンチブレス」です。

55キロからスタートです。

 

竹山は体型に似合わず、
55キロはムリでした。

「メガネをとればできるのでは」
ということになりました。

 

メガネをかけて、チャレンジしても、
もちろん、変わらないです。

小杉はなんなくクリアして、
有吉がさきに「ヒーハー」と言います。

 

小杉は温存していたそうです。

次は60キロです。

有吉が挑戦です。

「なべやかん頑張って」と、
竹山が珍しくイジります。

 

有吉は言われるのがイヤだそうです。

65キロです。

「ザキヤマちゃ~ん」で、
「ハ~イ」とアダモちゃん風に言います。

 

有吉の挑戦です。

「つなぎの水着」と言われると、
「やかんさんじゃない」と否定します。

有吉が「ヒーハー」と叫びます。

 

小杉は「ホンマになくなった」とショックを受けます。

新しいもの作ることになります。

ヒーハー超えのものを考えます。

 

それが「ヤ~タ~」でした。

ベンチブレス67,5キロです。

有吉が挑戦して、
失敗します。

 

有吉も「ヤ~タ~」をします。

しかも、やってもうたの方の意味で使います。

小杉はまた、新しいものを作ります。

 

「背中がツ~タ~」と叫びます。

いずれにしても、
ヒーハー超えならずです。

最後は「反復とび」です。

淳がジョイマンになっていました。

高木くん扱いされます。

そして、結果発表になります。

 

ワースト3です。

6位は小杉です。

筋肉はかなりアリで、
6位です。

7位はザキヤマです。

8位は竹山です。