吉木りさがいじめられていた過去を告白!良い個性も学校ではただのいじめの対象!

夏休みを終えて新学期が始まるこの時期、イジメや不登校などで悩む学生が「再び学校へ行かなければいけない」苦痛に耐えられず自殺を選んでしまうことがあるとも言われるが、そんな辛い時期を乗り越えて活躍している大人もいる。タレントの吉木りさや伊集院光はそれぞれ自身の経験を踏まえ、SNSやラジオで若者へアドバイスを送った。

伊集院光は5日に放送されたTBSラジオ『伊集院光とらじおと』の中で、夏休み明けの思い出について「行ってないんですよ。学校に全然。本当に学校嫌いで行ってないんです」と告白した。

彼はそのまま高校を中退している。今でこそクイズ番組で活躍し“エリート”にも勝つほどの実力を見せている伊集院。自身の学歴はある意味「武器になる」というが、一方で「劣等感を未だに引きずっている」と明かし、そのコンプレックスが消えることはないという。

そんな伊集院は、自身を振り返り「学校なんか行かなくても大丈夫だよ。休んでもいいよって、みんないっぱいアプローチしてくれてる。アプローチして頑張ってストレス減らそうと思ってるけど、当の本人はそれを聞く余裕が意外にないんです」と当事者の気持ちを語った。そして「学校に行かなかった先に、何が待ってるのかっていうのを、悪い方に全部想像してしまう」のではないかと推測した。

また、不登校の子供を持つ親に対して「(子供に)全部俺(親)のせいにしていいよ」と語り掛けるのはどうかとアドバイスしている。親のせいにすることで、休むことで自分を責めてしまう子供の負担を軽くするのだ。また子供に対しては「学校には行かず、好きなことで外出する」という“攻めの登校拒否”を提案した。不登校時に落語にハマり、その後弟子入りした伊集院らしいアドバイスと言えるだろう。

夏休みを終えて新学期が始まるこの時期、イジメや不登校などで悩む学生が「再び学校へ行かなければいけない」苦痛に耐えられず自殺を選んでしまうことがあるとも言われるが、そんな辛い時期を乗り越えて活躍している大人もいる。タレントのはそれぞれ自身の経験を踏まえ、SNSやラジオで若者へアドバイスを送った。

ラジオ『伊集院光とらじおと』の中で、夏休み明けの思い出について「行ってないんですよ。学校に全然。本当に学校嫌いで行ってないんです」と告白した。

彼はそのまま高校を中退している。今でこそクイズ番組で活躍し“エリート”にも勝つほどの実力を見せている伊集院。自身の学歴はある意味「武器になる」というが、一方で「劣等感を未だに引きずっている」と明かし、そのコンプレックスが消えることはないという。

そんな伊集院は、自身を振り返り「学校なんか行かなくても大丈夫だよ。休んでもいいよって、みんないっぱいアプローチしてくれてる。アプローチして頑張ってストレス減らそうと思ってるけど、当の本人はそれを聞く余裕が意外にないんです」と当事者の気持ちを語った。そして「学校に行かなかった先に、何が待ってるのかっていうのを、悪い方に全部想像してしまう」のではないかと推測した。

また、不登校の子供を持つ親に対して「(子供に)全部俺(親)のせいにしていいよ」と語り掛けるのはどうかとアドバイスしている。親のせいにすることで、休むことで自分を責めてしまう子供の負担を軽くするのだ。また子供に対しては「学校には行かず、好きなことで外出する」という“攻めの登校拒否”を提案した。不登校時に落語にハマり、その後弟子入りした伊集院らしいアドバイスと言えるだろう。

一方で、自身の「イジメ体験」について明かしたのはグラビアアイドルでタレントの吉木りさだ。彼女は6日、「イジメに悩んでる皆さんへ」というタイトルで自身のオフィシャルブログを更新。自身もかつてイジメの被害者だったことを綴っている。

吉木は地味な見た目と独特な声がイジメの対象になったという。「今はSNSとかでもっといろんな酷いイジメがあるんだと聞くと凄く心が痛みます」「特に閉鎖的な環境である学校はさぞかし辛いことだろうと思います」と被害者を思いやったうえで、「でも絶対に、自分にとってかけがえのない世界がこれから待ってるんです」「自分のためにいろんな逃げ道をつくって欲しいです。その逃げ道が、いつか絶対楽しい将来に繋がると思います!!」とエールを送った。

2017年9月7日

提供元:エキサイトニュース

参照URL:https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20170907_421308/

女子大生タレントをメインとしたキャンパスナイトフジで
唯一売れた吉木りさ。

レギュラーだったハライチ澤部の杉さんドッキリが面白かった。

当時、澤部は童貞で
女子大生タレントだった杉ありさの家(実際は番組が用意した家)で澤部が
杉を相手に童貞を卒業しようとした。

スタジオトークで
「俺のぽにょが暴れていた」発言をかなり笑った。

話を戻して、
学校では社会に活かせる個性も
学校ではただのいじめの対象になるため、
本当に学校は狭い世界で
行く価値がないと感じてしまった。

どんな個性も学校では
色々な方向で潰される。