学校に通うとコミュニケーション力が上がるどころか退化する理由とは!

多くの方がコミュ力や社会性について誤解し、
さらに学校という場についても誤解しています。

コミュ力とは、自分の思いや考えを正確に伝え、
相手の思いや考えを正確に受け取る力。
おそらくコミュ力は人と会話できるかのイメージだったのではないだろうか。

コミュニケーションとは、人と意思疎通を図ることであり、
そのためには自分の考えや思いを正確に伝え、
相手の考えや思いを正確に受け取らなければなりません。
その能力がコミュニケーション能力です。

そして、
仕事や就活の面接に使うビジネスコミュニケーションがあります。

これらは
お互いの信頼関係がある上での会話の中で身につくものです。

なぜなら、自分の考えや思いは、信頼する相手にこそ話せるものだからだ。
学校でそれが可能なのか?
先生と生徒の上下関係の中で?
ヒエラルキーが完璧に作られた教室の中で?
学びたくもない教科の授業の中で?
無理です。

身につきません。

学校で身につくのは
コミュ力ではなく空気を読む力です。

学校での空気を必要以上に読む力と
上の人に従う力です。

言い換えれば自分を犠牲にする力です。

身につけたところで、
自分の人生を壊していくことにつながるだけです。

コミュ力を身につける機会が無くて、
コミュ障のまま大人になってしまいます。

ここまで、お話しをした通り、
学校での同い年の子供や年齢が少し上の子供と接したところで
コミュニケーション力が身につきません。

日本の子供社会は
全力でコミュニケーションしない方向に出来上がってます。

まず内輪のグループをいくつか作って
その閉じた関係の中で完結した生活を送ろうとするし
何かと他人の粗探しをして潰し合いを始めます。

あんな環境を放置してる大人の責任もありますし、
教師とかいうカス共はどこまでも罪が重いです。

そもそも、
教師のほとんどが、
学校しか知らない世間知らずです。

学校の先生自体がコミュ障というか
「社会常識0」というのが最悪です。

ちょっとボケたり、
多少の言い間違いをしても
「バカじゃない」と一蹴して会話を終わらせます。

まずはしっかり教師たちがコミュニケーション力と、
社会の常識を身に着けるために
最低でも5年民間企業で働いたことがある人のみ教員資格を持たせてほしいです。