教育の真実、学校は個性を潰す施設である

学校は刑務所

あなたは学校生活でどのような生活を送ってきたでしょうか。

学校の教育について調べていくと、
私の感じていた違和感の答えを知ることが出来ました。
それは学校は支配者の奴隷をつくるための施設だということが、わかったのです。
なぜそのような施設になってしまっているのか、分かりやすくお伝えしていこうと思います。

支配者にとって都合の良い人間を作り出すロボット工場

学校の教育システムは実は何十年と古いものでして、元をたどると富国強兵が始まった明治時代までさかのぼります。
今の義務教育というのもこの時代から始まります
富国強兵とは、簡単に説明致しますと
明治政府が経済の発展と軍事力の強化によって近代的な国家をめざした目標
になります。
ここで既に一つ疑問がでてくるのですが、
今の日本にこんな目標必要なくね?
洗脳とかその前に今の時代背景と全く合わないですよね?
日本の軍事力は既にトップクラスのレベルだし、経済力だって申し分のないくらいにあります。
だったら違う教育の方が良いんじゃないの?と、素直に私は思うわけです。
この状態が変わらないのには理由があります。

 

思考力を高められたら困る人たち

こういった「個」を尊重させず、「協調性」を身につけさせる教育。
なぜこういった教育を今もするのでしょうか?
それは我々日本人の思考力を身につけさせない為です。
そして思考力を身につけさせないほうが、甘い汁を吸える人たちがいるのです。
それは政治家や富裕層などです。

何の疑問も疑いもなく、税金を納める人。
何の疑いもなく、四六時中働いてくれる人。
そんな人たちがいたほうが操りやすいですよね。
逆に思考力をもった人たちが沢山増えてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?
隠してきた不正を暴かれ、都合よく働いてくれる人が少なくなれば、甘い汁を吸うことができなくなってしまいます。
頭の良い人が増えてしまうと困るのが今の日本社会です。
あなたの人生は実は作られていることに気付きましょう。
さてこの古い教育システムについて今回はお伝えしましたが、実はこの古い教育システムの中にGHQはとあるタネを仕込んだのです。
軍人を育てる為の教育=一方的な情報を刷り込む教育、つまり軍人をつくる教育を利用し、日本人から愛国心を奪うタネを仕込んだのです。
いつまでも変わらない(変われない)古い教育システム、 そこを利用した洗脳教育について次回お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ