日本の義務教育は奴隷育成のプロフェッショナル

学校不要論

サラリーマンをやっていると、毎日毎日、酷使される日々が続きます。かといって大したご褒美はもらえません。

でも、みんなサラリーマンになりたがるのはなぜなのでしょう?
社会に出たら「労働法」や「お金の稼ぎ方」のほうがとても大事なことだと思いますが、学校ではそれを教えてくれません。義務なのに…社会に出て本当に役立つことは教えてくれません。逆に教えるのは無駄な知識ばかりです。

同じ服を着て、同じ時間に登校し、同じ行動を取らされ、訳の分からない校則を強要されるといったように、学校では理不尽に慣れさせるような教育をしているように感じますね。

幼い頃からこんな洗脳教育を徹底的に叩き込まれれば、人間が持っている創造性・表現力・独創性・個性なんて、ほとんど失ってしまいます。しかし、それにも関わらずルールはルール!と思考停止するヤツばかりです。社会は理不尽だから、学校ではそれに適応できる奴隷を製造しますと言われているようです…。

まあ、黒板に書かれたことをひたすらメモさせたり、決まった回答が用意されたテストをくり返しやらせれば、確実に思考を殺せますからね。思考を殺せば将来は雇われるという選択しかしなくなるから、奴隷を量産したい政府にとっては願ったり叶ったりでしょう。

日本のやり方は、まことに非効率・非生産性だと思うんですが、どうでしょうか?

この意見に否定的な人は、日本人が英語の教育を小学校から大学まで12年もかけて行うのに、なぜ、まともに英語を話せる人が少ないのか?ということについて考えてみたほうがいいと思いますよ…。

 

学校という名の奴隷養成専門学校

日本教育のトップである文科省は天才です。

社会で本当に役立つはずの労基法とか年金や社保の仕組み、または税金の仕組み、そしてお金の稼ぎ方はわざと教えないで、社畜を量産できるカリキュラムを考えているのですからね。

勉強できる時間がある義務教育の段階で、本当に役立つことを教えるべきなのです。それをなぜしない?ひょっとして無知な納税奴隷を育てたがっているのでしょうか?

日本の義務教育って、大人になったら汗水垂らして奴隷のように会社勤めするのが正義とされていますが、実はそれは国にとって都合が良いものを作り上げるだけで、国の需要に沿った人材育成をするのが目的であり、個人の幸せを保証するものではありません。

だって、もしみんなが税金のことに詳しくなってしまったら、国はうまく誤魔化して金を吸い上げることが難しくなってしまうから。

だからそういうことは意図的に教えない日本の義務教育は奴隷育成のプロフェッショナルなのです。

そしてその授業を受ける場所は、学校という名の奴隷養成専門学校。同じ制服を着て、同じ時間に登校し、前を向いて座った姿はまさに奴隷そのものです。

その専門学校では、価値観・考えること・疑うことをまず制限されます。それらをなくして数年にわたり詰め込んだ知識は、USB一本の容量にさえ負けるかもしれません。

そしてやがて「就職」という最終テストに合格し、あなたには禁固40年の刑が待っています。

そうなれば国と親と先生は大喜びしますが、国は平気で嘘をつくし、親や先生だって間違える。結局、誰もあなたの人生に責任を持たないのに…。

さらにマイナンバーで個々を管理し、経済的な奴隷へと追い込み、生かさず殺さず純粋な納税マシーンへしたてていきます。

自分自身で考えること、疑うことをしないまま社会人になってしまうと、使われるだけの人間になってしまいますよ?だって、義務教育は従業員をつくるためだけにあるのですから。

義務教育でやった事柄を、年食ってからしっかり発揮できる人のほうが稀有って言いますからね。

自分のために自発的な行動をしたことって本当にありますか?
自分の頭で考えることをしなければ、権威と同調圧力に弱くなってしまい、マスコミにも簡単に騙されやすくなります。

義務教育で優等生的な姿勢に終始するように洗脳された人は、国にとって便利なお得意様であり奴隷なのです。

そうなりたくないと望んでも学校教育自体がサラリーマンに適応するための教育しかしていないというのが、そもそもの問題なのです。

思い出すと、
幼稚園→小学校→中学校→高校→大学そして就職と、もうずっと誰かに踊らされています。親や先生とかの期待に応えるためなのか知りませんが、あなたは自分のために自発的な行動をしたことって本当にありますか?

これが正解か不正解かは分かりませんが、自分でコントロールできる人生を送るために、起業を選んだんですよ。老後や年金の心配をしながら65歳の定年をむかえるのではなくて、健康で体力がある時期に精一杯人生を楽しみたいというだけです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ