スポンサーリンク
面白い話のネタの作り方・話し方について

面白い話のネタで雑談の人気者に
自分の身の回りに起こった出来事を面白い話のネタにできれば、あなたは雑談に欠かせない、人気者になれます。あなたの話を聴くために、周りに人が寄ってきます。友人も増え、異性にもモテるようになり、いい人間関係を築くことができるでしょう。

身の回りに起こった出来事を面白く伝えたいと、頭の片隅に思って日常生活を送ってください。物事を注意深く観察するようになり、自分を客観的に見ることができるでしょう。感性も豊かになり、新しい価値観に気づき、人生がもっと潤うはずです。

しかし、起こった事実をありのまま伝えるだけでは、大抵の話は面白くありません。面白い出来事も、事実をありのまま伝えるだけでは、事実は伝わっても面白さは伝わらないものです。

面白さを100%伝えられるように、話の組み立て方や、面白く伝える表現方法や話し方を具体的な会話例を交えながら分かりやすく解説していきます。

雑談は基本的に、短い言葉のやりとりが会話の大半をしめますが、あなたが「面白い話のネタ」を話すと、普段の雑談より多くの時間、みんなに注目されます。

これはチャンスです。注目される時間を笑いの時間に変えることができれば、あなたは一目置かれ、魅力的な人気者になれます。 逆に、つまらない時間になれば、「あいつはつまらない、退屈な人間だ」と評価され、周りからの誘いもなくなってしまうかもしれません。

みんなが惹きこまれる「面白い話のネタ」ができるように、詳しく解説をしていきます。少しずつ自分の話のネタを面白く手直ししてみてください。自分の話のネタを見直すことで、いままで体験した普通の出来事も、面白く伝えられるようになります。これから体験する何でもないような出来事も、面白い話のネタに変化させることも可能です。

ちょっとしたコツをつかめば、あなたの体験談は劇的に面白い話のネタに変化するはずです。そして、完成した話のネタは、一生使えるあなたの財産になります。

「面白い話の作り方・話し方」を学習して、人気者になる快感を味わってください。あなたが話で爆笑が生まれれば、何にも変えがたい気持ちのいい瞬間が味わえます。癖になるはずです!

面白さを伝えるにはいくつかのコツがいる

コメントを残す

本当の人生の楽しさを味わってみませんか?

ホーム
子供を学校に行かせる必要なし!!
日本の学校教育の悪い習慣や経験を打破し、
「知らない」から「知る」に変えるカリキュラムです。

①より良い人間関係を引き寄せられる
②自信が持てる
③仕事や勉強などの生産性が上がる
④社会貢献できる、
⑤充実した人生、人生の質が高まる

これらも得られ、
夢の実現を高めます。

購入

出会い

「ナンパ」と言うと
チャラいイメージですが、
「一つの出会い」に変える事ができます。

当カリキュラムは
段階を踏むごとに
複数のタイプの女性と付き合うことができ、
女性にゆとりの持てる人生を歩めます。

購入

おすすめの記事