スポンサーリンク
聞き上手は「オウム返し」で気持ちを伝える

相手の言葉を繰り返す「オウム返し」についてです。

会話の基本的な会話術として「オウム返し」は頻繁に使われています。 「オウム返し」を使うと、話し手にきちんと聞いているという安心感を与えて、和やかに会話を進めることができます。 無意識に使っている人も多いと思いますが、ここでは聞き上手になるための会話術として意識的に取り入れていきましょう。

こんな感じに使います。
オウム返しの会話例1
相手 「今日仕事でヘマしちゃったんだ」
あなた「ヘマしちゃったんですかぁ」 (←オウム返し)

もうひとつ。

オウム返しの会話例2
相手 「明日友達の結婚式なの」
あなた「結婚式なんですね」(←オウム返し)

会話の技術として取り入れるのは簡単そうですが、考えて使わないと逆効果になる場合もあります。ただ繰り返すだけでは会話を一時的につなぐことはできますが、会話を盛りあげることはできません。オウム返しには気持ちを込めることが重要です。

先ほどの会話例の 、

「今日仕事でヘマしちゃったんだ」

には、ヘマをして落ち込んでいる相手の気持ちを汲み取って、例えばこんな気持ちを込めます。

こんな気持をこめて・・・
(ヘマしちゃったんだね。失敗は誰にでもあるし、あなたが頑張っていることは、みんな知っているよ。 そんなに気を落とすこと無いよ。みんな応援してるよ)

そして一言。

一言、オウム返しする
あなた「ヘマしちゃったんですかぁ…(悲)」

表向きは同じ「ヘマしちゃったんですかぁ」ですが、相手には気持ちのこもっている言葉とこもっていない言葉の違いが敏感に伝わります。気持ちのこもってないオウム返しはすぐに見透かされます。興味がないんだなぁと相手は感じ、話す気も失せてしまうでしょう。

2つめのオウム返しの会話例も同様です。

あなた「結婚式なんですね」

このオウム返しには次のような気持ちを込めてみましょう。

(結婚式なんですね。おめでとうございます!素敵な結婚式になるといいですね!!)

そして一言。

あなた「結婚式なんですね!(喜)」

気持ちを込めたオウム返しをすると、話し手に好意が伝わり、話してよかったという気持ちになります。 オウム返しは会話に取り入れるだけであれば簡単です。しかし、雑談を盛り上げる会話術として使うには、気持ちをこめてに返すようにしましょう。気持ちが伝われば、相手は気持ちよくなって、どんどん新しい話のネタが出てくるでしょう。雑談が盛り上がるのも盛り上がらないのも気持ち次第なのです。

「オウム返し」は雑談の基本。うまく使えるかどうかで聞き上手かどうかの差がはっきり出てくる。

コメントを残す

本当の人生の楽しさを味わってみませんか?

ホーム
子供を学校に行かせる必要なし!!
日本の学校教育の悪い習慣や経験を打破し、
「知らない」から「知る」に変えるカリキュラムです。

①より良い人間関係を引き寄せられる
②自信が持てる
③仕事や勉強などの生産性が上がる
④社会貢献できる、
⑤充実した人生、人生の質が高まる

これらも得られ、
夢の実現を高めます。

購入

出会い

「ナンパ」と言うと
チャラいイメージですが、
「一つの出会い」に変える事ができます。

当カリキュラムは
段階を踏むごとに
複数のタイプの女性と付き合うことができ、
女性にゆとりの持てる人生を歩めます。

購入

おすすめの記事