男性との会話でNGパターンと嫌われる話し方とは!?

彼氏ができない

・強制的に質問に答えさせる

 

初対面の男女に、
ありがちな失敗ケースに、
根掘り葉掘り質問しすぎるという要素があります。

例えば、初めて顔を合わせるメル友とのデート。

 

どちらか一方が緊張し過ぎてしまい、
相手に息継ぐ間もなく個人情報を尋ねる。

これはまさに警察のような、
尋問形式に陥ってしまっている悪いパターンです。

 

「家族構成は?仕事は何してるの?
収入はいくら?好きな映画は?休みの日は何してるの?」というような質問は、
10分の間に何度も繰り返してしまう。

そして、答えを言っても、
そこから会話を広げることも特にせず、次の質問に移る。

 

この時の心理状態は、
「次は何聞かれるんだろう、心が休まないな」となります。

特に口下手で話すのが苦手なタイプの男性は、
より居心地の悪さを感じるようになってくる。

 

相手に好かれようと気を遣って、
会話のパスを出すのは、
男性にとってはマイナス評価になりやすい。

会話が続かない、弾まないからといって焦らずに、
じっくりと腰を据えて、沈黙の間を楽しむ余裕を持ちましょう。

話しかけるタイミングは、
一呼吸置いてからにしましょう。

一流の人は沈黙している時間で語ることができます。

営業が下手なセールスマンはお客の意見を聞こうとせず、
商品のアピールばかりする。

 

逆に質問ばかりして、
誘導尋問もするのも似たようなものです。

このような押し売り行為では、
断れない性格の人には有効でも、
固定客としてお得意先にはなってもらえません。

 

人間関係でも同様です。

強制的に喋らせるのは良くない。

女性同士の会話だと、
相手にトークのパスを渡すのが礼儀です。

 

優しさだという暗黙のルールみたいなものがありますが、
男性にはありません。

何かを聞かれるよりも、
好き勝手に喋って貰った方が楽だと思っているんです。

 

相手が気持ちよく、
自ら進んで喋りたくなるような空気を作れるようになりましょう。

男を落とす方法としては、悩みを相談しやすい存在、
何でも話せる女になるのがベスト。
pじょいj
会話の量よりも質が重要なのです。

 

男性は自分の熱中していることや、
深く研究していることについては本当に良く喋る。

これがいわゆる仕事自慢と言う奴でしょう。

 

男性には大抵「これを語らせたら止まらない」という分野が存在する。

これを心のタンスから引き出すことが、
男性に対しての会話を盛り上げるテクニックであり聞き上手になるコツです。

 

・なんでも「わかる」と言ってしまう

 

女性にとって共感する「わかる」というキーワードは、
体に染み付いて口癖になっていることが多い。

 

しかし、男は思った以上にわかって欲しくなかったりする。

何か失敗をした時に「私にもわかるよ」と言われるのは、
なんとなく嫌な気分になるかもしれない。

 

確かに男性が自慢話や自分に価値があると、
吹聴している時には「カッコイイね、凄いね」と言うのは効果的です。

しかし、対した話でもないのに、
共感のリアクションをされると男は割と戸惑います。

 

男社会では、主張が対立していたり、
違った意見があるのが当たり前です。

相手を否定しても、
筋さえ通っていればそこまで気にならない。

 

むしろ、熱い討論をすることでより、
親密な関係へと近づける。

しかし、女社会では、否定するのはタブーなので、
ついついその名残で男にも当たり障りのないことで共感してしまう。

 

男性は女性のように、
同調することを求めてはいないのです。

女性が何の気無しに口癖で「わかる」と言ってきたとき、
「本当かよ」と疑問に思われるかもしれないので注意しよう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ