婚活においてガサツ、サバサバ系の女性は要注意!?

男性が最も嫌うのはガサツで、
サバサバしたタイプの年上の姉御っぽい女性です。

 

なぜ嫌われるかとというと、
男性の守ってあげたい保護欲求や、
コントロールできそうな支配欲求が満たされそうにないことに加えて、
女らしさを感じないからです。

 

男性は女性が思っている以上に、
女性を神格化している面があります。

女神様だと言ったり、
二次元の可愛い女の子のように、
純情可憐な乙女でなければ、
許されないという幻想を抱いていたりする。

 

このような綺麗な女性像を壊してしまうと、
男性は恋愛感情が持てなくなる。

また、これは過去の交際、
元カレ、元カノの話にも繋がります。

 

恋愛経験豊富な女性は、
過去の彼氏の話を今の彼氏にも言ったりすることがある。

しかし、これは思った以上に男性を心理的に傷つけている。

 

「男は最初になりたがる」という言葉もあるように、
男性は女性には穢れの無い清純、
清楚で真っ白な状態で居て欲しいという願望がある。

 

このような良いイメージを壊してしまうのが、
下ネタや過去の男との話です。

男性は女性に比べると精神的にナイーブであり、
妙なところで心が折れてしまうことがある。

 

女性の本音や本心を表に出すと、
男性の結婚したい気持ちを削いでしまう可能性があるので注意しましょう。

女性は控え目で大和撫子な感じがいい。
という勝手な理想を掲げている男性は案外多いものです。

 

婚活を始める年齢は30代が平均ラインです。

独身男女が「そろそろ時期的にやばいかな」
「孤独感で寂しい」「家庭を持てる最終防衛線かな」
などと思い始めて婚活に乗り出すようです。

ただ、なかなか理想的なパートナーが見つからず、
婚活疲れや婚活地獄にはまってしまう 男女も出現し始めている。

結婚というのは、
自分の子孫を残そうとする生物同士の激しい競争でもあります。

 

男性は本気の結婚したい彼女と遊びの都合のいい彼女を、
複数キープしているかもしれない。

女性は現在の彼氏よりも、
自分に相応しいハイスペックな彼氏を探しているかもしれない。

 

異性関係はライバルとの争いなのです。

自分磨きの努力なくして、
異性からずっと好かれるのは、
幸運に恵まれた人か才能がある一握りの人達だけです。

 

ごく普通の能力の男性や女性は、
自分から積極的にアタックし、
あるいは少し妥協して、なんとか異性を獲得します。

 

その後も相手に尽くしたり笑わせたり喜ばせたり奉仕し、
カップルとしての絆を確固たるものにします。

行動力が無い、恋愛対象が狭い、
という2点は独身男女に最も多い特徴の共通点ではないかと思います。

 

世の中には意外と働いていない無職ニートのダメ男でも、
特技も優れた点もないブサイク女でも、
受け入れてくれる人が溢れています。

 

今からでも、出会いや縁を大切にして、
人間関係の輪を作る努力をしましょう。

運命の相手と偶然の出会いがきっかけで知り合い、
ゴールインしたいという夢もわかりますが、
現実は運もさることながら、本人次第で大きく変わっていきます。

 

独身未婚で恋人も異性を紹介してくれる友達もいない、
という負のスパイラルから抜け出すためには、
それ相応の決意や行動力が必要なのです。