暗い性格、愛想が悪い、体型とスタイルが悪いが結婚に響く!?

大人しい女性自体は比較的人気で従順な雰囲気がするので、

結婚相手も案外見つかりやすいのですが、
そこにネガティブ思考で自虐的という特徴が加わると敬遠されやすくなります。

 

「私はダメなんだ」「私じゃ無理だ」なんて、
後ろ向きな発言をしたり後悔ばかりしている女性を見ると、
男性は フォローしなければいけないし、非常に面倒くさい存在だと感じます。

マイナス思考とコミュニケーションには、
そこまで関連性がないのですが、
結婚している夫婦は一日の会話時間が長ければ長いほど幸福度が高いと言われている。

 

そういう意味で、根暗な人、
口数が少ない人は結婚後にあまりハッピーになれない 可能性もある。

男性は基本的に口下手な人が多いので、
メールだけではなく、
電話や直接会話する能力が女性には求めれらている。

サバサバ系とまではいかないまでも、
口数が多く能弁、お喋りな女性は 男性としては歓迎される特徴で人気もあります。

クールで能面、仏頂面の女性は冷たい印象を持たれる。

無愛想で不機嫌そうな奥さんがいる家に帰りたくないと考えるのは、
男性なら誰しも共通です。

 

また、表情が乏しい、目つきが悪い、
人を否定したり悪口をよく言う、不満や愚痴、
僻みなど悪態をつくのが日課など明らかにマイナスっぽい人間は嫌われます。

 

そしてそのような内面、
中身を持っている女性はそれが外見にも表れ見た目も、
威圧感がある怖いものになる。

こんなに簡単に嫌われる原因や理由がわかっているのだから、
改善しない手はありません。

 

まずは根本的にポジティブ思考で、
楽天的な考え方をするようにしましょう。

「将来が不安」なんて考える必要はなく。

 

「今を頑張る」「今を楽しむ」という気持ちを持つ。

人間未来に何が起こるかなんて予測はできません。

だからこそ現在を全力で生きてください。

そうすることで将来的にも良い結果が出ます。

 

思考は現実化する。

内面は外見に表れる。

これがキーワードです。

 

自分を嫌いな人間を好きになる人なんていません。
虚勢でもハッタリでも良いので、自信は持ちましょう。

 

・体型、スタイルが悪い

 

男性が恋愛対象として女性に求めるもは、
外見などの視覚情報であることは認めなければいけません。

ただ、顔やルックスが好みのタイプじゃないというのは、
ほとんど変えようがないので、
体型やスタイルを磨くことに専念すると良い。

 

まず、男性の本能として、
おデブ、ぽっちゃり系、ふくよかな女性は、
性的な目で見られず、恋愛対象外になりやすい。

 

それは本能的に「、
ライバルの遺伝子を身篭っている可能性がある」 と勘繰るからです。

確かにデブ専と言われる男性もいますが、
それは稀です。

 

オタクで不細工であっても、
体のラインが綺麗に整っていれば、
それだけで 結婚相手の候補として残ります。

 

腰が軽いという言葉がありますが、
これはまさに身体能力においても言えることです。

腰が軽い女は男にだらしないという意味合いもありますが、
それだけ軽快に動ける身軽さを持っているということでも、
あり男性のハートを掴むのに 十分な特徴です。

 

男性は高身長でモデル体型よりも低身長、
小柄で華奢な女性を好む割合が多いのは、
本能的、潜在意識、無意識的に魅力を感じて惹かれるからです。

 

あまりにガリガリに細すぎるのは不健康でよくありませんが、
適度なスリムさは必ず婚活の強力な武器になります。

常日頃から運動やスポーツは欠かさないようにしましょう。

 

ウォーキングやジョギング、
腹筋や軽いスクワットなどほんの5分~30分程度を、
毎日続ければ驚くほど体型は変化していきます。

 

自分の体が緩んでいてだらしないと思うのなら、
そのまま放置せず、 鍛えて整えましょう。