純粋で素朴さを感じさせる普通っぽい女の子は男性が好む!?

男性の好物は素人、天然、恥ずかしがり屋、黒髪、
地味系、清楚、清潔感があるなどの特徴に共通点があり、
初心っぽさを感じさせる女性が好きです。

 

逆にモテない、婚期を逃すタイプの嫌われる女性は、
ブランド物好き、派手な服装やメイク、
ギャル系、ケバい、口うるさい、酒好き、
姉御系など大人の女性というよりも、欲の突っ張ったオヤジ系とも言える人です。

 

女性の傾向として、10代20代のうちは、
男性の年収や経済力などを一切度外視して、
純粋に人間として好き嫌いを判断するのに対してです。

 

早熟で社会を知っている女の子や30代、
40歳代以上にもなると 計算高く打算的になってくる。

 

婚活していても結婚できない女は、
「年収が高くないと無理」「身長が高くないとダメ」 と、
条件や特徴ですぐさま足きりしてしまうタイプが多い。

例え条件に合致した男性が稀にいたとしても、
「性格が気に入らない」「異性として恋愛感情が湧かない」 などの理由で、
交際を続けられないという。

「お金」に恋をしてしまうような腹黒い女性を、
好きになる男性は非常に少ない。

 

男性には彼女を自分色に染めたい、
支配してコントロールしたい、
守ってあげたいなどの心理もあるため、
自己主張やインパクトが激しすぎる女性は敬遠される傾向があります。

 

質素倹約でお金が掛からなそうな、
普通の女の子にこそ、
心惹かれて自分のものにしたいと感じるのです。

・家庭的な能力がある良妻タイプ

 

どんなに容姿端麗、才色兼備でも、
生活習慣がだらしない女性とは結婚したくないと思ってしまいます。

結婚相手には、
外出中に家庭を任せられるかどうかがチェックされます。

彼氏から「お母さんみたい」と言われると、
ちょっと嫌かもしれませんが、
褒め言葉として受け取っておきましょう。

 

男性は結婚相手には意外と、
「きちんとした母親」としてのスキルを持っているかを評価している。

結婚生活に適応するする能力を備えているか、
普段のデートで観察されているかもしれません。

 

ポイントとしては、金銭感覚、
無駄遣いする散在癖、
ショッピングや海外旅行などお金が掛かる趣味などの 「経済的要素」。

家計の管理は将来を左右する重要なものです。

もし結婚後、
夫をお小遣い制にする時に財布の紐が緩く、
計画的に貯金できない妻だったらうんざりしてしまうでしょう。

 

他にも1人暮らしの部屋が片付いているかで

「掃除ができるか」、
お弁当や手料理を食べた時においしさで

「料理上手か」どうかもさり気なく確認しています。

 

美味しい料理が作れるならそれだけで、
月給で言えば20万円レベルのコックと同等の働きをするわけだし、
お腹が満たされれば仕事にも精が出ます。

しっかり「子育てができるか」も大事です。

 

最近育児放棄や育児ノイローゼが、
ニュースでクローズアップされています。

赤ん坊や小さな子供好きはアピールして損はありません。

 

両親や親戚、ご近所さんと、
仲良くしてくれそうな「コミュニケーション能力」
一般的な常識、礼儀や作法、
モラルやマナーなどは 特に地方に嫁ぐ場合は必須です。

 

飲み会でさり気なくテーブルの片づけをしたり、
家族同士で食事をするときに、
食べ物を取り分けたりお酒や飲み物を注いだり、
気配りができる行動力があると好感度はアップするでしょう。

 

一昔前は花嫁修業として、
家庭力のようなものを訓練して鍛えていました。

 

いつの間にか廃れた文化ですが、
男性は女性の母性的な面、
母親っぽさを結婚相手に求める傾向がある。

 

家事全般を安心して任せられる女性なら、
専業主婦として養いたくなるものです。