結婚において本気で男性は必要としてくれているか

人生を生きてきて、誰かから特別扱いされ、
本命の気持ちで深く愛されることはどれほどあるでしょうか。

 

また、その思いは強く深く本気で熱意あるものでしょうか。

 

人は若い頃はチヤホヤされやすいですが、
年齢を重ねるごとに、誰からも注目されなくなり 一瞥もされず、
話しかけられず声も掛けられないなど次第に必要とされなくなっていく。

 

孤独感で一杯になっている30代、
アラサー独身未婚男女が大勢います。

そんな中自分のことを真剣に考えてくれて、
支えて、応援して褒めてくれるような人がいたらどれだけ喜ばしいことか。

当たり前のようにあるうちは、
気づきませんが失うとよくわかると思います。

 

お互いに倦怠期のようなお通夜ムードではなく、
あちら側に、一生大切にする、大事にする、
守っていくという意思表示があったなら、
それは非常に貴重で価値が高い気持ちではないかと思います。

もしそんなに好きでもない人であっても、
必死で一生懸命アプローチしてきたり アタックしてくれるなら、
受け入れても大丈夫ではないでしょうか。

もし現在結婚しているかどうか迷っているのであれば、
現在の付き合いに対する気持ちの量がどれほど大きいのか確認してみましょう。

 

他の異性と仲良くしてみて、
嫉妬させたりリアクション伺ってみる。

デートの誘いを断ってみて、
それでも追いかけようとしてくれるか反応を見るなど。

 

会社の人事でも、
大した能力がなくても熱意さえあれば、
成長性や潜在能力があり、
将来業務の役に立つ可能性が高い。

それと同じで、
意欲があるというエネルギー、
パワーはどんな困難な壁にぶつかっても、
それを乗り越える力があるという証明になります。

一方的に惚れこまれている状況から結婚は、
意外とうまくいくものです。

 

ただ、注意点としては中途半端な気持ちでは、
どこかで 心変わりが起こる可能性があるということも考えておきましょう。

 

あくまで本気、
本命の恋愛感情が相手側にあることが前提条件です。

 

・総合点を算出して評価してみる

 

人間長所もあれば短所もある。

結婚もメリットがあればデメリットがある。

 

片面だけの好き嫌いを見て、
合格は不合格かを決めるのは難しいので、
総合的に判断して理想的なスペック、
条件の基準を上回っていれば、
結婚を決意してしまうという現実的でドライな考え方もあります。

 

恋愛感情の有無、年収、経済力、ルックス、
スタイル、正確、住んでる場所、両親との同居、貯金の額、
仕事の就職先、専業主婦、共働き希望かどうかなど。

例えばこれらに10点満点として、
得点を項目ごとに得点をつけていく。

そして70点以上になったら合格ライン達成で結婚。

下回ったら遊びの相手、
キープと割り切っていずれ別れるなど。

 

このように数値化するときは、自分が相手に求める条件と、
生理的に無理、嫌悪感を感じてしまう性格や特徴なども合わせて、
考えてみるとより 正確に相性が診断できるでしょう。

 

この比重が年収に大きく偏る人もいれば、
魅力的な肉体を重視する人もいる。

確かに好きという心理は情緒的、
感情的な思考であり言葉には言い表せない超理論の領域とも言えるので、
数値化そのものは難しいのですが、目安としては判断が出来る。

「今の彼氏の年収が200万円以下で生活が不安」というケースでは、
お金の得点は1で、他のものはどうだろうか。
と考えていくわけです。

 

好きでもない人、恋愛感情がない彼氏や彼女、
恋人と半ば惰性で付き合っている場合、
一度客観的な視点から自分の状況を確認してみるのが良いでしょう。

 

そこで現在交際しているパートナーが、
まったく魅力を感じない人物であったなら、
きっぱりと切り捨ててしまう方が将来的にはプラスになる可能性が高いです。

 

年齢的にも若ければ若いほど新しい出会いが探せるし、
婚活の需要も広がりますので。