3年前に三重の県立高校の男子生徒が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が生徒4人と県に損害賠償を求めている裁判で、県と生徒3人は争う姿勢を示しました。

訴状などによりますと、三重の県立高校に通っていた当時1年の男子生徒(当時16)は、部活動の上級生ら4人からLINEで「カス」と書き込まれるなどのいじめを受け、2018年8月に自殺したということです。

遺族は、担任教師もいじめを把握していたにも関わらず対応を怠ったとして、県と当時の生徒4人に対し、慰謝料などおよそ7300万円を損害賠償を求めています。

津地裁で21日、第1回口頭弁論が開かれ、当時の生徒3人は答弁書で、LINEへの書き込みは認めたものの「いじめにはあたらない」と主張し、自殺との因果関係を否定しました。

また県側も「担任教師はいじめの兆候を把握していなかった」と主張し、いずれも請求の棄却を求め、争う姿勢を示しました。

提供元:ヤフーニュース

参照URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/6779b9898d267bdb8ed0eef50d95296dd4a07a3f


 
学校もその関連の奴らも
ベースはクソなので、
やはりいじめのあるクソ環境にあったたら
行かない方が良い。
そんなクソ環境に行っても
性根が腐るだけ。

すべてとは言えないけど
今も昔も学校がクソなのは一緒!

金八先生とか2000年代初期の学園のドラマを見ると
全く学校のクソな部分は改善されていない。