マツコ力説!学校のクラスで威張っている奴はクソみたいな人生を歩んでいるのが大半!!

タレントのマツコ・デラックスさんが2020年11月10日放送のバラエティー番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で力説した「スクールカースト論」に、反響が広がっている。

この日、出演したのは「花いけ」に打ち込む自分たちが「スクールカースト」の下層にいると思い込む男子高校生。マツコさんは「(あなたたちは)カースト外ですよ」と指摘した上で、カースト外で楽しく生きることは、カースト下層にいるよりも「意味のあること」だと語った。

■「どうやって同級生の男の子たちを見てるかって言ったら…」

「マツコの知らない世界」は各分野に精通する人たちが、マツコさんに対してその魅力を伝える番組。今回は「花いけバトルの世界」と題し、花いけの強豪校として知られる高校から、男子高校生5人がスタジオに招かれた。

番組では「花いけ」の魅力に迫る前に、高校生たちが「共通の悩み」を抱えていることを告白。それは「彼女がほしい」というものだ。悩みを聞いたマツコさんは「(担当教諭を)恨みなさい」「こんなことやってたら彼女からは離れるわ」と冗談っぽく語ったあと、トーンを変えて話し始める。

「こういうことをやっている男子をね、『あ、面白いな』って思ってくれる女子がもっと増えたら、日本はもっと多様性のある国になると思うのよ。ただ、現時点で女子高生が、どうやって同級生の男の子たちを見てるかって言ったら…大概の女は、野球とかサッカーとかバスケやってて、キラキラしてる男が一番モテ筋なのよ。ハッキリ言うよ、この際だから。その『極』に居るわけよ。お前らは。それは、しょうがない」

マツコさんの分析を真面目に聞いていた男子高校生は「(自分たちは)学校内のヒエラルキーで言うと、こう(三角形の下層を指差し)じゃないですか」と発言。これにマツコさんは「いや、あなたたちはここ(三角形から離れた場所を指差し)ですよ。カースト外ですよ。組み込まれてませんよ、カーストの中に」と返す。これには高校生たちも苦笑いを浮かべていた。

「いい意味で捉えていい。でも悪い意味でもある。でもそれが人生」
だが、ここからマツコさんの力説が始まる。

「でも、ここ(カースト下層)より良くない?大概ね、学校でカースト上位にいたやつって、同窓会で会うとみんなヤバくなってるから。本当にみんな、ことごとくショボくなってる。中学、高校の時そんなに目立ってないような子の方が、社会に出てから成功してたりとか、大変身してすごい美男美女になってたりとか。だから学生時代のカーストなんて、あんなもん何の参考にもなんないわよ」

「あんなもの(カースト)に縛られて、この中のここ(下層)で生きてるくらいならここ(カースト外)で生きてた方がよっぽどかっこいいし、後の人生に活かされるのよ。ずっと私はこの辺(カーストから遠く離れた場所を指差し)で生きてたんだから」

「だからこの辺(カースト外)で、そのカーストを冷ややかに見ながら、自分たちの楽しいことをして生きてるっていうのは、全然ここ(カースト下層)にいるより意味のあることですよ」

マツコさんの熱のこもった主張に耳を傾けていた高校生は「いい意味で捉えていいんですか?」と聞く。これにマツコさんは「いい意味で捉えていい。でも悪い意味でもある。でもそれが人生」と返した。

マツコさんの「スクールカースト論」を受け、ツイッター上では「学生時代のカーストなんか関係ないっていうマツコデラックスに救われる」「私も中学の時にこれ言われたかったな」「スクールカーストの話はホントに多くの学生に届いてほしいと思った」と好意的な反響が広がった。

30くらいになると、この話が本当だってよく分かる。
狭い学校の世界でのカーストなんて、社会に出たらびっくりするほど意味がない。それに自分が上にいる人間だと学生時代に勘違いしちゃった人は、ちゃんとした環境ではやっていけない。。もちろん、人によるから偏った意見かもしれないけど。
マツコさんの言う「カースト外」にいることって大事だと思う。

学校以外のコミュニティに複数所属することで、学校の序列なんて意味がないことに気づきやすくなると思います。

自分は下層だと思ってしょんぼりしてる人には、松子さんの言葉は響くと思います。良くも悪くも捉えられる、と説いているところも良いですね。