簡単にわかる自称進学校の拷問っぷり!

・三者面談では進研模試の結果で志望校を決定、ベネッセ信者
・進研模試の対策をやる。ただ、過去問をノートに書かせて提出させるだけ。無駄
・1年から化学をやってるくせに進度が遅すぎて2年の12月まで化学Tが終わってない
・理系で理科2科目ともUまでやる人は学年で4~5人しかいない
・化学は模試の1週間前に課題がでる。ほとんどの人は答えを写して提出
・問題集を紹介して欲しくても「学校の課外で十分だ」と言って紹介してくれないため、ネットを頼りにするしかない
・センター前日に壮行会
・学校で配布されていない問題集を持ち込むと教員によってはすごい怒る(特に数学、理科)
・問題集の答えを配らない教員も結構いた。「本当の力がつかないでしょ?」
・土曜課外がある
・定期テストの追試がやたらとある
・入学してすぐに2泊3日の勉強合宿がある。拷問
・MARCHすら学年に7~8人しか合格しない。地底は学年に1~2人出ればいい方
・そのMARCHでもメジャーどころの文型学部ではなく、受かりやすい理系ばっか
・日東駒専はかなりマシだと思う。専修大学だと「すげぇ」って言われるレベル
・もちろん理系でも東工大なんか知らない
・国公立に毎年60人程度合格するのだがそのうち理系は40人、文系は20人(ちなみに文型の生徒は合計160人)
・センターが終わると北海道や東北、九州四国の国公立ばかり勧めてくる
・琉球大の合格体験記の文章の最後にこじ付けのように「沖縄文化を学びたかった」とか書いてあった
・○○大(←地元の駅弁)の合格者数県内トップがウリ
・センター2週間前になって私立受けない奴は面談
→合格者数を増やしたいばかりにマーチ理系の願書を出せと言われる(忙しい時期に手間をかけさせるなよ)
・課外サボりすぎると親を呼ぶらしい
・1、2年の夏休みには読書感想文の課題がある。中学生じゃあるまいし
・センター直前になればなるほど強制課外が増えて迷惑
・成績が危ない生徒は推薦で駅弁にねじ込み、私立専願を許さない
・推薦で受かった奴もセンター試験を受けさせられる