多くの私立高校は公立高校を落ちた負け組が行く場所!

一部の私立高校(灘高校、ラサール高校など)を除いて
まともな私立高校が一校も存在せず、私立は全て公立を落ちた負け組が行くところという考えが当然であり
私立生というだけで一家の恥と呼ばれ、
近所では道を避けられるようになる完全公立至上主義の県一覧

青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、
群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、鳥取県、島根県

九州などでもこういうところはあるが、例外扱いの私立が一校でもあるだけまだまし。
ここまで徹底して私立が蔑視されるのは東北地方・北陸地方・山陰地方。
このあたりはひどい。

私立高校には、トップ公立では絶対ありえない「いじめ」があるそうです。

生徒、教師の質、民度は
かなり低い。

成長どころか
退化するし、
今後の人生に悪影響を与える。

良い私立が一校もなく、私立がすべて公立の滑り止めとなっているところでは生徒の親の平均所得が公立>私立になっている。
うちの地元(某地方都市)では私立高校の入学金と入学時に払う施設協力費合計はどこの学校も8~9万円、
授業料・諸経費は全ての学校が月額26000~30000円に収まっている。都会の人ならこれがいかに安いかわかるだろう。
しかしそれでも「授業料が高すぎる」と保護者から苦情が来るそうだ。
入りたくて入った学校ではないのだから文句の一つも言いたくなるのもあるかもしれないが、こんなに安い学費で「高すぎる」という声が多いのは経済的に苦しい家庭が多いことが伺える。
保護者生徒の要求は「授業料を公立と同じ金額にしろ」というものだそうだ。
ちなみに医者の子供等裕福な家庭の子はほとんどがトップ公立に集まる。社長令嬢でも成績が良ければみんな私立女子校には見向きもせず公立コース…

田舎の私立→滑り止め
都会の私立→中高一貫組

高校受験レベルで落ちたくせに生意気にも大学受験で逆転しようとしてる。

むしろ私立の方がいろいろなコースがあるから荒れ放題だと思う
そう考えると同じ実力の奴らが集まる公立は羨ましい。

県立落ちたときに、
周りからは私立は質が良いと励まされたけど、全然そんなことなかった。

特進コースとかいっても目指すのは中堅国立だし、
もう一つ上のレベルの方が圧倒的にいい生徒、いい教師が集まる。

内部進学は1クラスしか無いし隔離されてる感じがあるからよく分からん
あと都会はどうなのかも知らん

人生は中学受験できまるんやで
公立中学出身は人権がない。

公立滑り止め私立は
入って
後悔をしている人が普通。

入って
普通に受け入れているのは
何も考えていないか、
ただの信者だけ。

滑り止めの私立高校に入ってしまった人は判断能力が鈍っているので、今後の人生も失敗する可能性が高い。

公立高校と併願で私立高校を受験している人も同様。

東洋高等学校の口コミが凄かったので抜粋

総合評価
すべて私論になってしまうことをご了承ください。本当に酷い高校でした。滑り止めでもオススメできません。立地条件と校内の綺麗さ(私立なら当たり前なレベル)くらいしかいいところがありません。毎年のことですが、特に私たちの代は大した進学実績も残さず半数が浪人しているクラスもあります。高校3年の受験間近まで受験に必要ない教科を強制的に勉強させられました。高校の進学実績を良く見せたいのか知りませんが、下のコースの中で辛うじて成績が優秀な生徒の分しか指定校推薦がないため、高校受験の段階で努力して上のクラスにいった人が損するシステムになっています。中堅私立大学に合格できれば良い方と考えた方がいいです。また親身になってくれる教員も少なく、高校生活も楽しめず進学実績も見込めない上に学費も高いのでオススメはしません。
校則
男女ともに厳しいですが、先生によって判断が異なりA先生は許してもB先生は許さないといったことが多々起こります。男子はサイドヘアーの刈り上げ(ツーブロック等)やアシンメトリーなどの頭髪を奇抜だから禁止と言われます。また眉、耳、襟に毛がかかるのが禁止です。頭髪検査は月に一度くらいのペースであります。しかし頭髪検査以外の期間は整髪料をつけても基本的に注意されることは少ないです。男子は頭髪以外は基本見られず、眉毛などの加工も過度なものでなければ注意を受けません。それに比べ女子はスカートの丈や眉毛、化粧、ピアスなど細かい部分で注意されることが多いです。私たちの代では美容整形に手を出した頭の悪い女子生徒もいたため、美容整形の禁止というふざけたルールも学年の集会で徹底されました。男女ともにやってくるなと言われてもやってくる者も多く、毎年数人の生徒は諦められるといったことがあります。
いじめの少なさ
何とも言えないです。暴力や恐喝などといった表立ったいじめをする根性がある生徒がそもそもいません。その代わりにSNSなどでコソコソと悪口などが絶えず、女子はもちろんのこと、男子もネチネチとくだらないいじめはありました。また、生徒だけでなく教員内でもくだらないやり取りがあり、教員が別の教員の愚痴を生徒に話すといったこともありました。
部活
男子バレーボール部、ソングリーダー部、吹奏楽部などはレベルが高くスポーツ推薦の制度も取り入れています。男子バレーボール部は春高バレーの出場が伝統的になっており、その応援に行くソングリーダー部と吹奏楽部が必然的にレベルが高くなっています。しかしながら特に男子バレーボール部は私生活でも素行が悪く、毎年何かしら問題を起こします。私たちの代では2年生の時に停学処分になった者もいたらしいです。
その他の部活は大した実績はありません。また、高校がビルなため満足な練習場を確保するのが難しく、サッカー部や野球部は外部に練習に行くか、フットサルコートほどの大きさの芝生の広場で練習するかのどちらかです。皇居が近くにあることもあり、体力作りで皇居ランが出来るという利点もありますが、それまでです。
進学実績
「いい人はいい。悪い人は悪い。」といったところですが、高校受験で失敗し併願校として入学した人が多いため、大学受験も失敗する人がほとんどです。先生の教育にも期待はできず、志望した大学に受かるには如何に孤独になって自分の勉強が出来るかが大切になってきます。「受験は団体戦」と囁かれますが、その言葉を鵜呑みにせずクラスメイトも蹴落とす勢いが合格に繋がります。指定校推薦に関しても良くて中堅私立大学です。
施設・設備
不便すぎます。体育館は地下二階にあり、授業を受ける教室は5階~7階なので移動がとても大変です。しかも、体育の授業の後の授業の開始が遅れると怒られます。校庭はないです。食堂も売店もないです。自動販売機にある程度の飲み物と不気味な菓子パンやおにぎりがあります。朝はエレベーターの取り合いになります。
制服
いたって普通です。しかし式典などで必要な正制服と普段用の制服との二種類があり、正制服を1着持っていれば問題ないのですが、入学前にそれとなく2着買わされます。
イベント
唯一球技大会は盛り上がります。東京体育館で行われる年があります。春高バレーに出場している選手のバレーボールを生で見ることができ、毎年レベルの高い試合が行われます。それ以外は他校に比べ全く盛り上がりません。体育祭に関しては校内の施設が狭いため外部の競技場まで行って行いますが、わざわざ交通費を払って遠い競技場に行ったのに出場できる競技が少なすぎます。また文化祭も規則が非常に厳しく、規則をクリアしながらだと非常に貧相な出し物しかできません。修学旅行の費用も他校に比べ高いです。