「1億円譲る」メールで騙され、2200万円被害 愛知の60代女性

2020年3月、愛知県内に住む60代の女性のもとに「1億円を譲る」などと書かれたメールが届き、手数料名目で2200万円余りをだまし取られたことがわかりました。

 愛知県内に住む60代の女性のもとに「1億円を譲る。そのためにはウェブマネーが必要」などと書かれたメールが届きました。

 警察によりますと、女性は先月までにコンビニエンスストアで電子マネーを購入したり、指定された口座に現金を振り込むなどし、合わせて2200万円余りをだまし取られたということです。

 女性が親族に「お金を貸して欲しい」と相談したことから被害が発覚しました。愛知県警はメールによる誘いを信じないでほしいと注意を呼び掛けています。

提供元:ヤフーニュース

出会い系サイトを使って、札幌の男性から現金およそ95万円をだまし取ったとして、6日、神奈川県の59歳の男が逮捕されました。

 神奈川県横浜市の自称無職、草村光宏(くさむら・みつひろ)容疑者は、先月19日から20日にかけて、出会い系サイトのチャットを使って、札幌市東区の50代の男性に、女性と電話番号を交換するための費用を支払うように促し、現金およそ95万円を口座に振り込ませた詐欺の疑いがもたれています。
 警察によりますと、男性は、出会い系サイトを通じて女性と何度か直接話していましたが、現金を振り込んでも女性の電話番号を知ることができず、不審に思い、先月23日、被害届を提出ました。
 札幌東警察署は、振り込み先の口座を凍結しましたが、その後、神奈川県内の銀行で凍結口座から金を下ろそうとした男が目撃され、草村容疑者が浮上しました。草村容疑者は、容疑を否認しています。
 警察は、特殊詐欺事件とみて捜査を進めていて、ほかにもこの事件にかかわった人物がいるとみて、詳しく調べています。

・・・・・・・・・・・・・・・
↑よく警察動いたな。この手の案件は詐取する意図を立証できない、とかなんとか言って帰されるのがオチなんだけどね。

これを見習って他の警察署もきちんと対応してほしいですね。

それから騙された側は、ちゃんとした運営なのかきっちり見た方がいいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・