元SKE48柴田阿弥がいじめられた経験語る!「(いじめられることは)のちの人生に関わってきている」
SKE48のメンバーでフリーアナウンサーの柴田阿弥が10日、パーソナリティを務める文化放送『Society 5.0 香格里拉(シャングリラ)』の放送で、「いじめ」をメールテーマに番組を進行。自身が小学校時代にいじめられた経験を告白したほか、「SKE48の時は、私は一生、『阿弥ちゃんは和を乱す』って言われ続けて生きていくんだろうなって思っていました」と振り返った。  この日のメールテーマは「いじめってなくなると思いますか」。柴田は「私も小学校の時に、いじめといっても殴られたりはなかったんですが、気づかないうちに男の子に髪を切られるっていうことがありました。運もよかったので環境を変えらて、地元でない中学に行ってから明るくなったんですが、小2から小6までほぼ友達もいなかったので、それがのちの人生に関わってきてるんじゃないかなと思います」といじめに遭った子どもの頃の体験を語った。  さらに、SKE48在籍時代に「和を乱す」を言われたことにも触れ、「SKE48の時は、私は一生、『阿弥ちゃんは和を乱す』って言われ続けて生きていくんだろうなって思っていました」と振り返った。  この日のゲストは『ヒトは「いじめ」をやめられない』等の著書を持つ脳科学者・中野信子氏。いじめについて「いじめをなくそうといっている呼びかけている人は、自分はいじめを絶対しないと思っている。でもその人の中にも、『いじめをしている人は排除してもいい』と思っていたり、いじめを是としている人そのものは悪であると断じる気持ちがある時点でもうそれは『排除』なんです」と指摘。  またコロナ禍のなかで話題となっている“自粛警察”にも話が及び、中野は「今は、社会的ないじめも起きていますね。営業時間を短縮しているのに営業しているだけで“店閉めろ”と言われたりとか。排除の感情はどうしても起きる。なぜなら人は自分の社会を守りたいから。そんな時には『この人も自分のソサエティを守りたいんだな』という気持ちで、攻撃してくる相手だけれど、その人の気持ちにもまずは寄り添うことができれば。難しいですけれどね」と「いじめの感情との向き合い方」について語る。  それを受けて柴田は「排除するのも人。人の立場に立って思いやることができるのも人。他者への想像力ですね」と納得。番組後半では「排除という気持ちがすでにいじめだということ。わたしもニュース番組でおかしいということを言いますが、それが正義と思ってやってはいません。葛藤がありながらもおかしいと思うことは伝えなければと、変な矛盾があります」、「会社でパワハラ・セクハラなどに遭っている人は、耐える勇気があるなら声を上げる勇気を持ってもらえたらなと思います」など、自身の想いをリスナーに伝えた。 
提供元:ヤフーニュース 
参照URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/c3e10f32cee510192a6d5f03c0016e19739bfa10

>「いじめをなくそうといっている呼びかけている人は、自分はいじめを絶対しないと思っている。でもその人の中にも、『いじめをしている人は排除してもいい』と思っていたり、いじめを是としている人そのものは悪であると断じる気持ちがある時点でもうそれは『排除』なんです」

こういう理論を言い始めたらなにもできなくなります。
いじめは犯罪ですので無くそうと呼び掛けることに何も問題はありません。
それを排除というのなら排除でいいのです。
いじめを無くせないと理論を並び立てる人を呼ぶなら
いじめを無くせると理論を並び立てる人の話をきいてみたいですね。